2016年11月06日

【KOF98UMOL】格闘家考察 2

以前の記事から時間も経ち、その間にバージョンアップもあったり、俺が持ってなかった格闘家を入手できていたりと状況が変わってきたので軽く焼き直し版の記事となります

どの格闘家がどのコンテンツと相性がいいかを主軸に記していきます
基本的に重課金が必要だったり入手までに一ヶ月以上かかるようなキャラは除外
対象としてはダイヤガチャから出ないキャラでショップに破片売ってないキャラ

☆メインクエスト/エリートクエスト☆

全ての格闘家と相性が良い
正確には、クリア出来ないとか☆3つ取れない(主に誰かが倒れる)時に編成を変えていく
あらゆるパターンがあるので全ての例は出せないが、ルガールやオロチ戦では守りよりも攻めに徹底的に主軸をおくほうがいいなど

格闘家の能力アップ素材集めに直結するので、普通に遊ぶぶんにはメインクエ攻略がしやすいチームを組むのがいい
そのメインクエ攻略に最適なのは、単純にバランス編成
防2と攻技4の編成、内容は所持キャラで調整


☆アリーナ☆
適当でOK
オートバトルで介入できないし相手も千差万別、とにかくランダム性が強すぎる
アリーナは、100万円近い課金をして上位を狙い続けるとかしない限りはそれほど本気で取り掛かるものでもない
なぜなら勝っても負けてもアリーナポイントは一律+2で、ポイントボーナスで貰えるアイテムも一定
絡むのはアリーナ順位ボーナスでメールで届く報酬
当然上位のほうがダイヤやコインや栄誉Pなど多めに貰えるが、100位以下は気にしなくていいし、100位以内でも50位以内に入れないレベルならやはり気にしなくていい

100位以内キープしやすいぐらいにしとくとダイヤ100前後を順位報酬でもらえるので、並課金はそれぐらいを目指すといいかと
で、100位以内で安定して勝ちたいなら
大門・紅丸・キング・ちづる・オロチシェルミー・真吾・ケンスウ・アテナ・チョイ・鎮・アンディ・ビリー
このあたりのキャラで自分が組める編成にするといい

単純にこのゲーム、PvPで考えると相手の行動を制限したほうが勝ちやすい
動きは元より超必殺を封じるだけで大幅に戦力ダウンするヤツ(鎮・舞・アンディ・レオナなどなど)もいるので、そこだけを考えるなら
大門・紅丸・キング・ちづる・オロチシェルミー・庵(京・ロバート)
ただこの編成はストーリーやエリートでは弱め、付与確率も高いとは言えないが、ないよりは遥かに希望はある


☆ナイトメア☆
一度クリアしたらそれっきりなので、チャレンジ系と思えばいい
ナイトメア舞あたりから完全に対策したチームでないとまず勝てなくなる
独自調整された相手が出てくるので勝てないなら編成か戦闘力を見直そう


☆究極の試練☆
8キャラぐらい育てていると楽になる
ちなみに敵の戦闘力はプレイヤーのレベルで決まる
プレイヤーレベルだけ上がっていき格闘家が育ってないと苦戦する為、序盤は踏破が難しくても徐々に50F踏破が当たり前になってくる

試練と相性がいいのは回復型のキャラ
筆頭はMAX開放したアテナ、次にレオナとケンスウ
所持しているならこの三人を軸にして
怒コントロール役の真吾・ケンスウのクリティカル率上げる為のロバート(ユリ)・対チョイ用の鎮またはバイス
上記キャラがいればわりと最適、いなくても一部がいればなんとかなったりはするが高ポイントを狙うには厳しい
高ポイントやスムーズな踏破にはバフ効果が不可欠で、バフは攻撃とクリティカルのみ採っていけばいい
逆を言えば攻撃とクリティカル殆どとれてないと踏破が危うくなる

バフでクリティカルを+40%分拾えていれば、ケンスウ(のスキル)が化け物じみた強さになるのでオススメ

ちなみに試練はコインや攻略本素材集めに最適なのと、アテナとマリーの破片集め目当てになってくる
このあたりに興味ないならアテナは育てる必要はあまりない
俺はマリーが欲しいので試練に主軸を置いてプレイしてる


☆破壊系☆
マチュア入れて攻型だらけにすると素敵、またはロバート入れて防以外の女キャラ5人(ユリ・レオナ・マチュア・バイス・キングあたりが妥当)
レオナの闘志ボーナス上げて5ターン目で超必殺狙い、ケンスウのスキル発動に賭ける
などなど幅は広い
不要なのは防型格闘家、攻撃寄りの山崎やラルフや真吾いても攻や技型から破壊コンテンツ用キャラ引っ張るほうが良い(マリーとルガールは除く)
とにかく攻撃力だけ考えて編成が有効


☆THE KING OF FIGHTERS☆

一戦勝利すると貰える金バッジ宝箱の報酬が悪くないうえに頂上決戦ではオロチ破片報酬など、このコンテンツ主軸で考えてる人は多いが10キャラ鍛えないといけないのでそれなりに歴と課金力のあるプレイヤー向け

オートバトルであるKOFでは単純にタイマン力がモノを言う
ケンスウ・マチュア・ロバート・レオナ・庵・山崎・ラルフ・真吾あたりが特に活躍する

持ち合わせの10キャラでなんとかし、紅丸やキングといったクラウドコントローラーと、自己回復と攻撃兼ね備えたレオナ、肉まんとスキルで圧倒的な持久力のケンスウ、そもそも超必殺撃たせない真吾、このあたりはKOFではかなり強いキャラとなる
リアルタイムで編成は変更できるので、バイスなど特定のタイプの格闘家へダメージボーナスがあるキャラも使い方によっては強い

レオナ封じる為にアテナやクリス出すなど、格闘家の能力を把握するほうが高位を狙える
ただし、頂上決戦は廃課金者のステージなのでそこは無視でいい


こんなとこでしょかね
このゲーム、後からキャラ育成するのが困難なゲームなので、縁があった順からレギュラーで使ってくほうが最終的にいい結果となる場合もあります

ちなみに俺は、アーケード当時もメインキャラだったオロチ社とブルーマリーを入手することに今時間とダイヤかけてます
なので、オロチ社破片の為にKOFで勝ちやすい編成にしてるのと、試練が踏破しやすいキャラ達(マリー破片)、ダイヤはエリートマリーの挑戦権回復とスタミナ回復にまわし、紫と霜氷はかなり使うのでその収集と、
こういった感じでプレイしてるんでメインチームの戦闘力が全然上がってませんw
マリーも社も防型なので防キャラを今鍛えてすらいない

日に日にアリーナの順位は落ちていってます
それぐらい、後からキャラ育成するってのは大変なゲーム
まぁ、2万ぐらい課金すれば解消される部分でもありますが、急いで育成しても楽しみなくなるだけなので、それに現金費やすのもねっと

ではではっ

招待コード:2787019975584

posted by つねぴよ at 00:42| 愛知 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

【KOF98UM OL】格闘家考察

前記事での予告どおり "格闘家考察" の回

この記事での前提は "微課金〜並課金" のプレイヤー
庵☆5になってるとかオロチ持ってるといった連中を重課金者と定義、並課金は舞☆5(VIP7〜8)を定義、微課金は120円〜VIP6以下と定義
俺は並課金のVIP8

記事の対象者を課金額分け前提としたのは、KOF98UM OLは現金力でなにもかもが覆るから
どれだけ緻密に計画立てた育成でも、自身の倍課金してるプレイヤーが並知識を持っていた場合大きな差がつきます
余程の事がない限り重課金者に並課金以下は絶対に勝てません
他プレイヤーと差があっても気にしないでもいいと言えばいいですけどね

自身が所持してる格闘家とそうでない格闘家で考察の幅に差があります
あくまで個人観なのをお忘れなきよう

続きますヨ
posted by つねぴよ at 12:00| 愛知 ☁| Comment(0) | ゲーム関連雑記 (機種混同など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

サイクルスポーツセンターで走ってきた!!

結果的に聖地巡礼の格好ともなった弱虫ペダルでの舞台の一つ、サイクルスポーツセンターにお盆に行ってきたのです
はるばる愛知県名古屋市の中心あたりから静岡県伊豆市までですよ
静岡県といっても浜名湖あたりは高速で一時間ちょいと近いのですが、伊豆となると軽く3時間w

えぇっ!?記事投稿が9月だって!?
えぇ、えぇ、サボっとるよワイ、ワイかなりサボっとるよえぇえぇぇ

20141211222002375.png

まぁそんなわけで、よわぺだだけの知識だと自転車専用サーキットって頭しかないわけですが、事前にちょいと調べると完全にテーマパーク・・・

csc1.jpg

こんなとこでロードバイクでスポーティーに走れるんかぇと思いましたが、もう駐車場からして雰囲気が違っていた
お盆ってこともあるがとにかく家族連れと子供ばかりで・・・スポーティーなロードバイクにヘルメットにぴったりウェアにアイウェアの青年二人のうちらが浮いている!
おかしい
ここはサイクルスポーツセンターだよな!?
二人して「駐車場間違えた?」の繰り返しw


だって誰一人として自転車をクルマから降ろして引いてませんし、なによりもジジババまでいる始末

まぁ・・・間違いないっぽかったので駐車場からやけに遠い受付へ行くと、完全に動物園のような様相
周囲の客も完全に動物園の雰囲気
原因はマスコットキャラクターが鳥のようなヤツのせいだからだろう

受付に行くと、どうやら合ってるらしく入場券と自転車持込許可券を購入、いやはやレンタルに金かかるのはわかるが持込も金とるのか!!ww
と思いながら1000円ばかりでサーキットを制限時間なく走れるのだから安いもんだ
むしろここまでの高速道路とガソリン代のほうが高い

ふと案内見るとな?

csc2.jpg

・・・・・・
5キロサーキットのモデルがキッズwwwwwwwwww

いやはやもうね、場違い感凄まじいのですが、チケット買いに自転車もってきてなかったんで一度クルマまで引き返したわけですが、その途中にローディー二人とすれ違いまして、ようやく仲間を見つけた感覚になり嬉しくなった
この二人は慣れてるのか、シャーっとロードバイクで受付まで走っていってました

んで入場したんですが、遊園地内をロードバイクで通り抜けていくという違和感、そして5kmサーキットまでの道がわかりづらいし歩行者どもは我が物顔で歩いているし、これ完全に動線管理ミスってるだろ?w
せめてサーキットまでの裏道ぐらい用意しろと・・・

んーで!!
到着しました!!サーキット!!!

csc3.jpg

いやーー!!!最高!!!ここアレですよ、休憩所ですよ!!!

どこかの高校の部活の連中と、父母連れてトレーニングに来てる中学生っぽいのと、あとは一人だったりグループだったりの青年や中年がチラホラと

空は曇ってましたがとりあえずパシャり

csc4.jpg

準備運動を終え早速走り出したのですが、スタートからいきなりの下り坂で軽く50km出る
速度出しすぎ防止の為かパイロンとロープで強制的に蛇行させるようにコースがなっていたので、自然とブレーキングして程よい速度でのコーナー突入

からの〜!!

登り!!

いやね、斜度10%とかってよくわかってなかったんですがね・・・
これめっちゃキツイです
坂めっちゃキツイです
これ笑いながら登るとか変態ですよああああああああ!!ぐるぐるぐるぐるぐる

一応行く前にコースステータス見たのですが、横から見るとこんなんなわけですね?

csccorsemap.jpg

第一区間の最初の下りがスタートあたり、そこからこの斜度の登り、甘く見てた俺らは完全に予想外でゼェハァ状態

で、第三区間の頂上から一気に下り、ここがかなり速度出る!!

しかしその後には最高斜度の上り坂が待っていた

コースマップ断面図の30と40の間あたりにものすごい角度の坂がありますが・・・そう、ここです

さすがに足をつきました

始めてから趣味レベルでしか走ってないうちらにはキツイキツイw
ある程度まではいけたけど限界きてそこから降りて押し歩き
これ完全に予想外で心がポッキリ折れた感じで押し歩いてました

甘くねぇ・・・ここ甘くねぇ・・・あの鳥甘くねぇとか呟きながら

でさ、うちらロードバイクだからいいものの、これレンタサイクルの人はマウンテンやクロスなわけですよ?(ロードもあるけど)
そんなレンタサイクルのお父さんや小学生ぐらいの子達もいてやはり登れておらず押し歩き
これはとてもレクリエーションと呼べる斜度ではないと思いつつも、一つの失敗がうちらにはあった

ビンディングペダルはこの時まだ実装していないが、機材の面というよりもエンジン、つまり自分自身の体調

走る一時間前ぐらいに普通に昼飯食ってきたわけですね?
コレ
完全にコレ

消化しきってなく満腹に近い腹もちで慣れない激坂を登るのは無理ww
ツレに至っては前日たくさん酒飲んだ翌日である

もうなんかグッダグダなうちらですが、マナミくんと誓いあった舞台で休憩してから残りの走破を始める

csc5.jpg

途中で景色が良かったので写真を撮ってみたりとサーキットでサイクリング状態w

csc6.jpg

そして最後の下り坂からホームストレートへ一気に繋がっていたのでここがすっごく気持ちよかった!
そう!俺は信号もクルマもいない舗装路を走り抜けたかったのだよ!!
その思いが実現したのがこのホームストレートへの下り坂とホームストレートだった!!

しかしやはりパイロンで強制的に減速させるコース作りされててほんのり萎えてみたが、レンタサイクルもいるし、安全の為だから仕方ないね

一周終えてひとまず休憩
というかまたあの坂を上る気力がすぐにはなかった二人w

気分は杉元

csc7.jpg

部活の子らを眺めたりしながら体力回復し、二周目へ

遠めに見るとこんな坂で、ほんと山を走ってるんだと実感できる

csc8.jpg

ちなみに17時までの営業で最終出走16:30と言われていたので残り時間的にあと3周できるか出来ないかぐらいだった

二周目はコースがわかったこともありペース配分をしっかりして問題の3.5km地点までは程々に力を残し・・・今度こそ!!と登り始める
かなり頑張った、もう人に見られたくないぐらいの形相で、普段の生活では滅多に出さない「必死さ溢れる表情」でほんと必死に登ってみたんだ

02.jpg

脳裏には弱虫ペダルのキャラというよりはセリフばかりがよぎり、どちらかと言うと真波の「オレ!生きてる!!」に近いものを柱に頑張ってみたんだ

あと、普段ではこんな表情歪めてまで必死になにかする事がない無気力無表情人間なので、ある種の非現実感も感じてた

つまりはね、楽しかったんだよ、なにかに必死になってるのが
それがただ自転車で山に囲まれたサーキットで激坂登ってるという光景であっても、時速9km〜12km程度しか出てないいっぱいいっぱいな状態で必死に必死に
途中本格的に鍛えてそうな人に抜かれて、一言「がんばれ!」って言われた気がする、あんまり覚えてない
二人で走ってたけど牽くとかそういうのもなくお互い必死というか、後からわかったけどツレは後方で沈んでたらしいw

んでもうなんかよくわからんが必死になって、「うあぁぁぁぁぁ」とか小さく叫びながら休憩地点の秀峰亭にたどり着いて、まだコースは続いてるけどなんかやりきった感に包まれここで足を降ろし、過呼吸しながら自転車止めてそのまま地面で大の字!w

部活高校生二人いたけど気にしない!おまえらほど自転車やってないし若くもないんだよこっちは!!
とか勝手に脳内で毒つきながら空見上げてた

やぁ・・・

ロードバイクは楽しいね!!

こんな事したの10年以上ぶりで、ほんと楽しかった
いかに社会生活してる俺がスカシなのかよくわかるというかね

たぶん10分ぐらい動けなかったかな、ツレが押して登ってきて合流し
「なんか俺ヤバイ汗出てる」とツレ
「そりゃ前日飲みすぎなんだよww」とオレ
うん、楽しかったホント

結局ツレの体調に不安が出てきて帰りのクルマの運転もあった為、最後のホームストレートでスプリントバトルして終了
結局二周しかしませんでしたが充実感はかなりあった!

ロードバイクでスピードを出すと言っても普段は35km程度、しかしサーキットでは下りで簡単に50km超えるので心にブレーキかかりまくりでして、この日の最高速度は以下のとおりでした

csc10.jpg

当然ながら過去最高スピード
心のブレーキをもう少しコントロールできれば65kmとかいけそうだけどやっぱし怖いねw

そしてサイクルスポーツセンター内の帰りにこんなものを発見

csc9.jpg

見事に全員クライマーなあたりわかりやすいというか・・・w

基本的にフォームも体も出来てないしインドア趣味のほうが圧倒的に長く体力もない、車体はフロントカーボン程度でホイールも変えてなくビンディングペダルでもない、と坂道登るのが楽になる条件尽く満たしてないがほんとこのサーキットは辛かった
もう少し斜度が緩やかか、スプリントサーキットみたいなとこを走ってみたいとちょっと思っちゃいましたね

csc7.jpg

教訓としては

・走る前に飯を食うな
・走る前日に酒を飲むな(俺じゃないが)
・坂を甘く見るな
・他人は他人

これで纏まった感じ

そしてこの日を機にして

元々8月か9月に購入予定だったビンディングペダルがより欲しくなって即注文!w

記事作成段階の現在はフラペじゃなくてビンディングになったーよ!!

csc9.jpg
csc10.jpg


これでもう一度サイクルスポーツセンターを走りたいけど、なによりも基礎体力だなって思うよホント
ただ地元トレーニングしてるとやっぱりビンディングだと登りやすいというか、足が外れない安心感から踏めるしダンシングもしやすいといったほうが正しいかも


posted by つねぴよ at 10:00| 愛知 ☁| Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする