2014年11月19日

【FF14】とあるミコッテの散華日和 - 別にララフェルが嫌いなわけじゃないのだけど -

ff14_11196.jpg


上から目線でこんばんは、ぴよです。

ただいま水天三巻の北ザナF.A.T.E発生待ち&シャキ待ちで暇なのです。
忍者実装のせいで巷にDPSが溢れており、昔よりもとにかくDPSでCFシャキらないのでダンジョン攻略がまじで鬼門です。
とにかく暇なのでどうでもいいことをたまには記してみます。

FF14には5つの種族がありますよね?

そのうちの1種族のララフェル
みんな大好き可愛いララフェル

そんなララフェルに最近なぜかイラつきというかムカつきを覚えます。

背後から誅殺したいぐらいに

ff14_11201.jpg


というのもですね。
巷に忍者が溢れているのでPT組むとだいたい自分以外にも忍者がいます。
ライトPTで忍2になった時のやりづらさといったらもう、モンク2とかよりもヒドイです。
だまし討ちの探りあいです。

そんな忍者のララフェルになぜかイラつきを覚えるのです。
抜刀状態で忍者走りあるじゃないですか?
コレコレ

ff14_11202.jpg


これのララフェルがすっごいムカつくんです、なぜか
多分なんですが、ちっこい見た目でなんかカッコつけてるもんだから、ガキ臭さが溢れすぎててイヤになるのかもしれません。
今までララフェル見てもムカついたことなんてないのに。(他種族も)
あとは単純に "合わせにくい" ってのもあるかもしれませんね。
小さいので相方として組んだ場合なにしてっかわかりづらい。
めんどいから先に水遁だまし討ち始めたら、こちらがだまし討ちした後に水遁だまし討ち始めてとか、そういうPS的な苛立ちもあるかもしれませんね。

そういうどうでもいい話

PSと言えば、ハイレベルルーレットは当たり前のように範囲殲滅(ゴリ押し)進行になっててモンク泣かせですね( ´∀`)
ハイアラタンクさんは、初見ヒーラーいても構わずエネミー集めてまとめて始末しようとするのでヒーラーすっごい大変そうだねっと。

posted by ヴァレぴよ at 23:50| 愛知 ☀| Comment(0) | FF XIV 新生〜紅蓮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【FF14】とあるミコッテのエオルゼア日和 - 初めての黄道十二文書 -

ここのとこ毎日黄道やってるぴよです、こんばんは

日記にはしてなかったですが忍者Lv50にしてから早速アレして

ff14_11191.jpg


パッチ2.35あたりからの神話だだ余りを利用してラハザン焼入油やサベネアの霊薬を3セット分ほど確保していたのでその場でゼニス化させ
更に
2個足りてなかったアートマを30分もかからず集めてきて(ドロップ率すごい上がってんねっ)

アレして

ff14_11192.jpg


現在は毎日のようにアレ真っ最中です

ff14_11193.jpg


神話1,500必要だった文書も、パッチ2.4からは戦記500となったので幾分集めやすいかなと思います。

戦記集めは人それぞれ方法が違うでしょうが、マッチングが最速だと仮定した場合はフロントラインが一番効率がいいと考えます。
10分〜15分で詩学20戦記40です。
パッチ2.4で時神の護符のトレードコストが軍票10,000枚から250枚へと大幅に変更となったので、気軽にPvP特化ステ⇔PvEステに替えれるようになりました
対人専用スキル付装備も一気に性能が対人寄りに変わったので、始めのうちはIL80↑のPvE装備のレベルシンクでやっていき、対人装備を集めていくのもいいです。
わざわざIL80装備を集める必要は皆無です。そんな暇があったらFL実戦やってたほうがいい。
ジョブによっては対人戦績で得れる装備のほうがサブステ的に優秀なものもあります。
ただ問題が一つありまして・・・即シャキ連戦が出来るなら戦記集めにフロントラインは適していますが、現実は・・・シャキりにくい。
もちろんロビーサーバーによって違いはあります。
ロール関係なく人数さえ集まればシャキるのだがその人数を満たすのに時間がかかる。

結果的に、タンクやヒーラーといった慢性不足ジョブでエキスパートIDを周回したほうが戦記集めには適しているのではないかってなります。
エキスパートIDは詩学40、戦記50で、DPSの火力が高くボス立ち回りも慣れてるPTならカルンHARDが一番効率よく回れます。
約20〜30分で戦記50、ここにクリタワ古代(戦記100)も申請リストに入れておいて時折クリタワ古代するのもいいですね。
理想はひたすらクリタワ古代ですがタンク6人必要なので、自分がタンクで申請してもややシャキいりにくいです。
このあたりは時間帯と相談ですね。
ゴールデンタイムはタンクの場合エキスパIDは即シャキ連戦出来ます。
古代は10分〜20分ぐらい待ちます。
フロントラインはお察しください。
ここから考えると、古代が効率よく見えますが、長時間やるならエキスパ高速回しのほうが効率がいい。

と言ってもねー
文書一冊終わらせるのにDPSだとダンジョン攻略に時間がかかります。
まぁ、シャキ待ちしながらレアF.A.T.E待ちしてればいいんですけど、バディいないと辛いものが多いのでPT組むしかなく・・・
とね。
ハイレベルIDは比較的シャキりやすいので、討伐やリーブを進めてる最中にローレベルIDに申請するのがぴよ流です。
現在二冊目の!あとはカッパーベル銅山ボス倒すだけなんだけどっ!70分待ってもシャキらねっ!w


posted by ヴァレぴよ at 09:37| 愛知 ☀| Comment(0) | FF XIV 新生〜紅蓮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

【FF14】とあるミコッテ忍者の立ち回り


忍者

Lvカンスト(50)忍者は木人(木偶の坊)相手にDPS460出せるという事で、机上ではなかなかのDPSを誇る忍者(参考までにモンクは500と謂われている)

忍者の立ち回りはレベル帯でコロコロ変わります。
どんなジョブもそうでレベルが上がるにつれ立ち回りが変わっていきますが、忍者の場合は結べる印が増えて忍術が増えていくので主にそれによって変わっていきます。

また、印はマクロ化する事で自動で結べるようになりますが、手動で印結ぶほうが先行入力が効き速いです。

また、パッドにしろマウス&キーボードにしろ、印をマクロ化しないなら配置を感覚としてわかりやすくしておくといいです。
パッドの十字キーを例とするなら
天=上
地=下
人=左右どちらか
忍術=左右どちらか

これで直感で天地を入力出来るので、あとは人の配置を脳と指に覚えこませればいい


でっと
立ち回りに特に変化があるのが、"Lv35.Lv36.Lv45"です。
舞踏刃の習得やlv46の影牙でも変化はありますが、コンボルートと順序変えるだけですしね。

Lv30ジョブクエで天の印を覚え風魔手裏剣を使えますが、これは単なる中距離攻撃手段でしかないので、DPSは上がるが立ち回りに大きな影響は与えない。
リキャスト毎や範囲避け時に投げていけばいいだけ。
そして今後も忍術は"基本的に"リキャスト完了毎に使っていくことになる

Lv35ジョブクエで「地の印」を覚えてからは忍術が20秒に一回の大技のようになってきます。
特に天→地と結ぶ雷遁は強力で威力が360もあり、これがクリティカルヒットするとかなりのダメージですので発勁や捨身効果乗せは意識していきましょう。

火遁の術は範囲攻撃手段
後に血花五月雨という特性込みで威力100のGCDの範囲攻撃を習得し火遁はこれよりも威力が高いですが、基本的に20秒に一度しか使えない。
範囲殲滅進行など、並のHPの集団相手には火遁よりも三ツ印の土遁+五月雨を使ったほうがいいです。
考えなく集団に火遁使うと敵視リストに乗ってしまい、戦闘中のかくれるからの不意だまが出来なくなるのでやめたほうがいい。

立ち回り変化レベルの合間のLv36で蜂毒効果アップを覚えます。
これで蜂毒の与ダメージ上昇効果が20%になるので、Lv40になるまではこれまで蛇毒メインだったところを蜂毒メインにするといいです。
ただし!
蜂毒はLv34習得の喉斬りにスタン効果を付けてしまうので、要注意。
無駄なスタンは迷惑になる事が多いですので、きっちりスタン入れてくタンクと組んだら喉斬り前に蛇毒にスイッチしてからまた蜂毒に戻すように立ち回るといいでしょう。

Lv45でようやく三ツ印を結べるようになります。
ここで「人の印」をジョブクエで習得します。
これで忍術7種全てを使用出来るようになる。
印結びも複雑化してくるが、終印と結ぶ数だけ覚えておけば結ぶ順番はどうでもいい
覚え方としては
風魔手裏剣=一ツ印(なんでもいい)

※二ツ印は主に雷遁を使用する
雷遁=二ツ印へ結ぶ
火遁=二ツ印へ結ぶ
氷遁=二ツ印へ結ぶ

※三ツ印は主に風遁と水遁を使用する

風遁三ツ印へ結ぶ
土遁=三ツ印へ結ぶ
水遁=三ツ印でへ結ぶ


よく使うのは風遁(自身強化)と雷遁(攻撃)
次に不意だまのリキャスト完了していれば水遁(ダメージよりも水遁効果の為に使う)
それ以外は状況に応じて使うことになるが、睡眠進行しない集団戦では土遁はたまに使う
最後に火遁
氷遁と風魔は殆ど使わない。

水遁は最後に人、風遁は天といった具合で最後に結ぶ印と数だけ覚えればいいです。
覚えたては混乱しがちですがすぐ覚えれます。

Lv45から忍術が増えるとはいえ立ち回りの流れは単純で、まずは風遁で自身を強化し、忍術リキャスト毎に雷遁を基本と考える。

忍術フローを出すと

         はい【だまし討ち使える?】はい → 水遁からだまし討ち
         /                \  
【風遁効果は付いてる?】             いいえ → 雷遁
         \                   
           いいえ →「風遁」

至って単純です。
範囲殲滅はこのフローの限りではありません。
基本的には雷遁の部分を土遁に変えるが、土遁の威力がイマイチなので筆者は活殺自在を絡めてます。
土遁に活殺自在効果乗せると、DoTダメージが全てクリティカルダメージになります。

忍者は、戦闘中は常時風遁バフが付いていることが大前提になってくる。
攻撃速度15%アップでGCDが85%となる。
わかりやすく数字で出すとGCDが通常2.5秒なので
2.50*0.85=2.12秒となります。


【水遁】
水遁ダメージ発生後に「かくれる」を条件とするアクションを使える水遁効果を10秒発生させる。
これによりボス戦などの、かくれるが有効とならない戦闘中にも不意だまを入れれる。
使いやすいが、通常戦闘で不意だまの使用をこれに頼ると忍術一回分ロストしてる場合が殆どなので、かくれるが有効な戦闘や、戦闘前なら隠れてからだまし討ちする癖はつけておきたい。
移動速度下がるからと言っても、不意討ちと違って背面から当てるのでそこまでデメリットでもない。
(もちろん、タンク突撃前からかくれて敵集団に向かい始めるなど事前行動前提)

ここで「かくれる」に少し触れます。
双剣の頃から使えるので誰しも特性を理解しているでしょうが、"感知してこないエネミーなら敵視リストに載っていなければ戦闘中でもかくれれる"

なので、IDでの通常の群れ戦闘中に水遁は勿体無い。
もちろん火遁や土遁して敵視リストに載りたがるなんてもっての他
水遁はかくれるが有効じゃないとかボスなど単一長期戦闘中の相手に対してのみ使うと考えたほうがいい。

水遁&だまし討ちや、かくれる&だまし討ちはセットで運用したいので、風遁効果中は大前提として
【水遁+だまし討ち+捨身(発勁)+(活殺自在)雷遁】
【かくれる+だまし討ち+捨身(発勁)+雷遁】
これをワンセットで考えてリキャスト管理していくといいかも。
ちなみにこの順番でアクションを使っていくって意味ではない。
実際は
【発勁→水遁→捨身→双刃→だまし討ち→影牙→活殺→無双旋→雷遁→双刃→ぶんどる→風断ち→喉斬り→旋風刃
赤文字のところがだまし討ち効果でダメージ上がった状態で使っていると仮定したもの。
だまし討ち効果中に使っておきたいのは、影牙と無双のDoT効果と活殺雷遁です。
活殺自在が使えない時は旋風刃は入れておきたい
GCDの合間にアビや印結びを差し込んでいく形の流れになる。
だまし討ちの被ダメージ増加効果が10秒なので単純計算だとGCDスキル4つしか入れれないけど、風遁でGCD85%になってるのとSSの値次第では無双旋がギリギリ間に合うので、木人相手にして装備的に間に合うなら使ってくといいですね。

【土遁】
​設置型範囲DoTで計威力240。
単体相手に展開するのは雷遁一回分が勿体無いので、ボス相手はこれよりも無双旋いれましょう。
(ザコ湧き多いボスは要判断)
活殺自在後に使うとクリティカル効果がDoTダメージ分にも乗るので、範囲殲滅進行でなら活殺自在土遁を選択に入れるのは悪くない。
(例:ブレフロHARDなど)
また、範囲殲滅の際はだまし討ちをかくれるから入れるよう意識して、忍術は風・土・火と割り切ってしまうのもいい。
(高速五月雨連発が忍者の範囲殲滅ではキモとなるので風遁はやはり必須)



こんなところでしょうかね。

Lv50時を前提としますが忍者にもある程度のコンボルートがあります。
忍術の時のようにフローにしてみましょう。

           はい → 【無双旋と影牙のDoTは入っている?】 ─ はい → 旋風刃コンボ
         /                    \  
【舞踏刃効果が入っている?】       いいえ → 無双旋と影牙コンボ
         \                   
           いいえ → 舞踏刃コンボ

つまり、開戦時には
@【(風遁)→舞踏刃コンボ→影牙コンボ→無双旋→旋風刃コンボ】
が鉄板となる。
あとはここに忍術や不意だまが絡んでくる。
その為、常に一定周期でこのコンボを入れ続けることはまず無理。
また、戦士がいてシュトゥルムブレハ使うなら舞踏刃コンボはスルー出来る。

【叱咤の使いどころ】
HP/MPと違ってPTメンバーのTPを見ることが出来ない為、知識や勘や申し出ベースの使いどころになってくる。
代表的なところだと
@戦士盾での範囲殲滅進行=戦士に叱咤
Aナイト盾で範囲殲滅進行=相方DPSに叱咤(詩or竜or忍のみに適用)
Bオーバーパワーをよく使う戦士盾=戦士に叱咤

ほぼ確定で使いどころで言える部分はこのぐらい。
この3点以外は「叱咤ください」といった申し出ベースで問題ないと思う。
筆者の戦士プレイ時はオーバーパワーをよく使うので叱咤ちょうだいテキストマクロ作ってあります( ´∀`)

【残影の使いどころ】
物理攻撃を一度だけ避けるが効果時間が5秒と短いので使いにくい残影ですが、物理属性の範囲攻撃も避けることが出来るのでそれを有効に使いましょう。
例えばシルクスの塔ザンデでのナックルなんたらを残影で回避する事で攻撃し続けれるなど。

posted by ヴァレぴよ at 09:55| 愛知 ☀| Comment(0) | FF XIV 新生〜紅蓮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

【FF14】とあるミコッテと忍者レベリングの歴史

忍者レベリングも終わったのでやっとゆったりとポスト出来ます。

忍者(双剣士)と言えば派手女なララフェル♀曰く

ff14_11024.jpg


ff14_11025.jpg


闇討ちを否定するとはいい度胸してやがるな!!

ってことで、忍者と言えば闇討ちです。
FF14でも闇討ち感はなかなかありますが、やはりPSVita専用ソフト「忍道2 -散華-」やXBOX360専用ソフト「天誅千乱」及び同シリーズほどの誅殺感はありません。
ってか、あったらそれはそれで困ります。
そして、旧タイトルもいいとこのタイトルが並びましたが宣伝ですw
忍道2はPS Plus加入で今ならフリープレイだよ!

話が逸れた

筆者が行った忍者レベリングは、最初から最後まで段階を追って討伐手帳を埋めつつFATEとギルドリーブ、そして攻略手帳を意識、これが基本。
今は少しはマシかもしれないけど、IDはマッチングするまでに60分〜120分はみないといけないのであまりアテにしてはいけない。

Lv20までは討伐手帳とFATEで上げていく、もちろん未消化サブクエストがあるならそれも消化していくといいですね。

Lv20から、コスタ・デル・ソルかトランキルのギルドリーブの「冷やしたワイン」か「アダマンタスの卵」(タイトルちょっと違うかも)でレベルを上げた。
どちらのクエストも収集系で、収集した時にエネミーが湧くが、スプリントも駆使してエネミー無視して次々と収集していきさっさとクリアする。
大体2分で終わる。
Lv30リーブなのでLV20代は報酬経験値は減少するが、Lv20の段階で2分で約5kの経験値はかなり美味しい。
収集リーブがリストに出なかったらカンストジョブにでもなってなにか一つ消化して更新させればいいが、ワインも卵も受けれないってことはあまり起きないと思う。

これとクォーリーミルFATEを適度にやっていく。
腰を据えてプレイできるならクォーリーミルでFATEし続けたほうがいい場合もある。
ま、どちらも作業感があるので気分転換で切り替えていくのがいいかもしれませんね。

Lv30からはコスタでFATE参加しつつギルドリーブ
どうしてもあの地域はワインポート側とコスタ側でFATEがバラけるので両方やろうとすると移動がとにかくダルイ
これでLv35まで上げたら、クルザスへ行きひたすらFATEとギルドリーブ
Lv44からは北ザナラーンでFATEとリーブ
Lv45からはモードゥナでFATEとリーブまたは北ザナラーンでカンストまででもいい
まったりやっていくならLv42からは蛮族クエストも混ぜるのもいい。

こんな流れなのでわりと基本に忠実にあげてった感じですね。
もちろん合間でローレベルルーレットや単発IDもちょろちょろ行ってましたが、10回以上20回以下ぐらいです。

わりとフツーにポスト終わったな・・・w
posted by ヴァレぴよ at 10:09| 愛知 ☀| Comment(0) | FF XIV 新生〜紅蓮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする