2014年12月12日

【FF14】パッチ2.45 PvP フロントライン28戦〜32戦目

学者で総出撃数の半分を経験したわけですが、PT依存度がほんと高いです。
VIT盛りもしてないのにOPや拠点1人守りしだす白や学やナ
坂上戦線伸ばし過ぎて裏や障害物影から拠点攻められて1人ボコられる自分

どちらも微妙

前者はVIT振りせずPvEステや装備のまま来てるの丸わかりでHP3k代で拠点守るぐらいなら前線回復しててほしい。
3k代なんてハイド忍者の不意打ちからのフルバフコンボかちょいバフLBで沈む。
魂やトークン目的なのバレバレ

自分も戦記目的半分なのでトークン目的を否定はしませんけど、テキトーに来てるの見てるとイラつきます。

後者はマップ見りゃ明らかなぐらいに伸びきったPTメンバーの位置
FLで勝つにはキルポイント5を稼ぐのではなく拠点やOP維持時間でポイントを稼ぐ事が大事
1拠点を3秒維持で1P入るわけです、
2拠点確保で3秒につき2Pが継続加算されていく

9秒間2拠点を維持していれば6P稼げるのに、3〜4人で攻撃集中しないと倒せないたった5Pの敵プレイヤーを追いかけるのはアホの極み
その上戦線伸びて裏つかれて拠点中立化されて10Pが相手に加算されこちらの継続ポイントが消失し、そのまま拠点奪われれば相手に10P+継続ポイント加算開始。
開いた口がふさがりません。

PTチャットで前に出すぎるなと言っても目の前の敵を倒す事に集中しちゃってる人って見ないしね。

とりあえずフロントラインやりに来るなら、"フロントラインの勝敗になにが大事か"を少しはかじってから来てほしい。

大事なのは"拠点の維持""邀撃システムの破壊権利"
目の前の敵プレイヤーを倒すのはあくまで拠点の維持をする為や拠点を奪う為
拠点とって敵軍追い払った後に坂に前線移すのは、陣地内で戦闘すると中立化が早まるから
その坂上前線は伸ばさず退がらずのイヤらしい位置で敵軍の進軍を遅らせるのがキモ。
極端に言えばフロントラインは1つでも多く拠点を占拠し1秒でも多く拠点を維持しているGCが勝つ

プレイヤーキル目的のデスマッチを楽しみたいならウルブズジェイルという最適なコンテンツがあるのでそちらでやればいい。
フロントラインはあくまで陣取り合戦。
タイマンが強いジョブで参加とかバカげてます。
タイマン仕掛けると誘っておいて自軍戦線まで誘い込むのがフロントライン

と、理想はこうなのですが、所詮は野良です。
わかった人がわかった人と遊びたいなら固定でやるしかありません。
それが出来ないなら、地雷も楽しむぐらいにならないといけません。

だから!!

次からモンクで出陣しますww


posted by ヴァレぴよ at 16:02| 愛知 ☀| Comment(0) | FF XIV 新生エオルゼア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

【FF14】PvP フロントライン 22戦目〜27戦目 - 左側アニマル装備完備完了 -

昨日は5戦しか出来なかったが、備忘録も兼ねたフロントライン日記

ff14_12102.jpg


現在のパッチVerは2.45。
パッチ2.4からPvP装備(アニマル名称装備)に付いている「モラル」の値だけPvPエリアではアイテムレベルが上昇するように修正が入った為、フロントラインやる上で70PvP装備がコスト的にも非常に優秀とわかった。

フロントラインはIL80シンクがありますが、70アニマル装備がモラル+10なので、PvPエリアではIL80に上昇しシンク関係なくなる。
これだけだとPvE用のIL110装備のシンクでも別に変わらないってなるのですが、PvP装備はPvPエリアのみで有効なマテリアを禁断で5つまで付けれる。
PvP用装備以外はマテリアボーナス分はカットされるので、これだけでも差が出る。
以上から、フロントラインやっていく上ではPvP装備が一番。

ff14_12101.jpg

肝心のマテリアですが、PvEのように命中だの意思だのを積む必要はないようで、PvP装備には元々PvPに有用なサブステータスが付随しています(全部じゃないけど)。
ひとまずはIL70と90から必要と思われるなサブステが付いた物をピックアップしてった。
学者視点なのでスペルスピードとクリティカル。

そしてPvP専用マテリアである各種耐性マテリアを積んでいくほうが立ち回りやすくなるかなと。


フロントラインにおいてマテリアで付けたい耐性は当然「スタン」と「スリプル」です。
スタン耐性は0と1で違いが出るので耐性ガン盛りに出来る戦績が貯まるまでは最低でも一つは強心のマテリアを付けようと。
耐性1につき1%の効果減少のようです。
ま、耐性2では気休め程度ですけどね( ´∀`)

どうやら、状態異常耐性に本気で対処するなら禁断含めた耐性マテリアによる強化と薬品でのフォローが必要みたい。
現状はマテリアによる耐性値は+28が限度(右側PvPアクセにマテリア穴が無い)、ここに薬品や食事で更に高めていく模様。
スリプル耐性28で、スリプル一回目の効果時間が30秒から21秒とあった
かなりの差です。
ヒーラー以外に欲しい耐性ですね。

ここに食事と薬品を合わせると、一回目のスリプル時間が15秒となる模様。
2回目は大体が連続スリプルくる為薬品使えない状態なので10秒で、3回目は5秒、結局パーセント減なので元の効果時間が短ければ減り幅も狭くなります。
耐性無しでリポーズやスリプル粘着された場合52秒もなにも出来なくなるのが、30秒で済みます。
これはかなり大きい。
スリプル耐性はどのジョブにも欲しいものとなります。
ただ、フロントラインはとにかく乱戦なので、狙われやすいヒーラーには不要かもしれません。(連携してないバカが起こしてくれる)
DPSやタンクにはスタン耐性が特に必要ではない事から、スリプル耐性の有効度は高いと言えるでしょう。
また、拠点外野戦でヒーラーがスリプル30秒くらうと戦況悪くなるので、スリプル耐性がヒーラーに不要とも言えない。

スタン耐性はまた話が変わってきます。
効果時間がそもそも短いので、耐性値たくさん上げても2秒や1秒の減少なので実感しづらい。
マテリア+28、食事HQ+5、薬品HQ+20で耐性値+53が恐らく現状最高の数字
これだと、スタン一回目のシールドバッシュ効果時間が6秒から2秒となります。
他のスタン効果はバッシュ以下の効果時間のものばかりなので、どんなスタン技も被効果時間を2秒以下に抑えれる。
でも現実にはマテリア+食事の+33が主となるでしょう。

長時間スタンの代表であるバッシュをここまで抑え込めるのは魅力的ですが、薬品のリキャストや使うタイミング、使ったけど誰もスタンしてくれなかった時の悲しみなどからいまいち使う気が起きない
少数戦のウルブズならまた話が違うけどもね。
が、ヒーラーの場合ですとスタン6秒を黙って受けているとすぐ沈む。
それを2秒に抑えこむ事で当然二回目三回目の効果時間は1秒以下となってくるので、かなり立ち回りやすくなる。
問題は薬品を使うタイミング
薬品は一回目の効果受ける前に使わないと効果が高くない(特にスタン)
リキャストが90秒とそれなりに長いのもネック。


現実には
「野良で薬品や食事ってバカなの?」といったケチな思考から出る意見もあるので、ケチ思考に同意出来るならマテリア耐性のみでやるといいでしょうね。
食事って言っても耐性付けるだけならドロップ類なのでそんなコストかかりません。
ヒーラーはどうせ食べるならパイナップルケーキやザッハトルテ食べたほうがいいでしょう。(HP確保目的)

ギル減るわけでもなく、戦績コストも安いもんだし、長く続けるならPvP専用装備セットぐらいは用意して臨みたいものです。
posted by ヴァレぴよ at 04:11| 愛知 ☀| Comment(0) | FF XIV 新生エオルゼア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

【FF14】PvP フロントライン12〜21戦目 - おじさん"被"不殺が信条なんだがねぇ -

戦記集めと対人戦績集めとPvPランク上げでハマりこんでるフロントライン
だいぶ "見える" ようになってきた。

やっぱこの"見える"のが一番重要

ff14_12081.jpg


ジョブは学者と忍者で参加してます。パッチ2.41時点での話。
モチロンアウトポストでいくらでもジョブチェンジ可能だけど、白やれって言われてもまともに動けないのでやりません。

勉強の為に「FF14 フロントライン 学者」のキーワードを軸に付け足して色々巡っていると、情報がとにかく錯綜します。
パッチがあたる度に細かく仕様変更しているフロントラインは、ある意味ネットの情報がアテになりません。
それこそ掲示板でリアルタイムに議論されてるものが役立つかもしれない。
私は見てませんけどもね。

ff14_12082.jpg


一度移籍したのでランクと戦闘数が噛み合ってません。

90%を学者で参加してきて、学者での立ち回りが少しだけ身についてきた。
まだまだ判断力に欠けるがそもそもPvEで学者を一切経験せずに、ほんと先週ぐらいに学者クエ終わらせたぐらいなのでこれまでまともに知識がありませんでした。
フロントライン専用として学者を選んだのはここに理由があります。
"PvEで出してきてないし、今後出す気が無いから余計な戦闘ノイズが無い"
初めっからPvPとしての学者の立ち回りを勉強してきたので、取っ付きも早いです。

元はフロントライン最強ジョブだったらしい学者ですが、"周囲の"各種調整によって最強とは言えなくなりました。
と言うか、駆逐する事に関しては弱いです。ヒーラーだから当然だけどw
反面、自分一人または味方一人を守る事に関しては相変わらず抜きん出てます
当然DPS4〜5人にボコられればさすがに沈みやすくなりますが、あくまで"沈みやすくなるだけ"で、その状況になった or なりそうな時点で逃げます。
そうなるって事は、こちらの白が既に倒れているか、人数でこちらが負けている。
実際のところ学者の調整はされていないに等しい。
むしろパッチ2.41現在ではジョブ格差が強くはなくわりとバランスが保たれているようです。

とりあえず学者やってるうえで楽しいのは "無茶しなければ死なない" こと
元々が倒されるとムカつくって理由で倒れにくい学者を選択したので、無茶しなければ死にません。
退き際が肝心です。

ただ、基本的に自分は突撃します。
学者の役割は様々な修正があった後でも "タンク" に変わりはありません。
なぜに分厚い本持った頭でっかちが、筋肉ムキムキ達が蔓延る空間に突撃してPTメンバーや自分を鼓舞し続けなきゃいけないのかわかりませんが、PvEでのタンクであるナイトや戦士が突っ込んだ所で白や学のヒールがないと犬死にしてしまうのだからしょうがないですよね。(固定PTは除く)

自分のスタンスとして、アラACの時は学者、Bの時は忍者になります。
学者の時は基本的に右側VIT積み+VIT食事でHP5550ぐらいを確保する。フィジカルは元々PvP専用としてるのでVIT全振り。
回復力はないが、私が回復する対象は原則白魔道士のみ
勘違いしちゃいけないのは、普通の学者はそうではない
自分はかなり耐える事が出来るのを利用し、とにかく白を手厚く介護する、そうすることで白に安心感が生まれ白の優秀な回復力で他のみんなを支えれる。
もちろん自分も士気高揚の策ぐらいは使いますし、完全にスルーされて暇な時は狙われてる人をヒールします。

学者やっててとにかく嫌いなのは、モンクと忍者ですね。
モンクの短頸などの強化消去スキルでエーテルフローのスタックが消えるようになったので、とにかく粘着されます。
このあたりの立ち回りが楽しいですね。
もちろん、複数人にボコられてない限りはバカモンク如きにフロー消されるような事はしません。
3ストック状態で開戦しますが、モンク見たらすぐに使いきります。
大体は陣張ってテキトーなヒーラーにドレインする。
これをモンクがこちらを殴り始めたあたりでやると、バカは「オレが消した」と錯覚するのですぐタゲ切る。
こちらが自由になれば、快適に詠唱出来るのでやりたい放題です。
ここからはいつフローをまたスタックするかが問題です。
またモンクに来られるとやはり面倒くさい。

で、こういう時に限ってなぜか忍者が粘着してくる。
学者に対して忍者がやれることはスタンと沈黙と詠唱妨害だけど、どれも怖くないというか、詠唱妨害以外はむしろありがたい。
耐性付けてくれてありがとうってなる。

フロー消すのとキルするのが仕事のモンクは、こちらにフローがない事がわかるとタゲすぐ切るので御しやすい。
そんなの関係なく粘着してくるモンクは、鼓舞回しで十分に耐えれますので、白にいくDPS一人を確保出来て良し。
つまりこちらにとってはメリットしかない。
ただ・・・鬱陶しい
まさに頭でっかちvs筋肉バカですねコレw
耐えるだけ耐えてる間に相手ヒーラーが駆逐され、自分に粘着してたモンクがこちらのターゲットになって急に逃げまわる様は実に滑稽。
残念なのはそこを追撃できる火力を持ちあわせていないことと、その滑稽を作り出すのは味方だってこと。
お土産にバイオとエアロ投げて逃げるモンクは放置です。あとはこちらの駆逐部隊がやってくれますw

学者視点から見れば鬱陶しいモンクですが、全体で見れば学者一強を崩せる可能性をもった存在とさせてもらっただけバランスとしてはいいことです。
私なにもオレTUEEEしたいわけじゃないんで。

でも、学者は狙われます。
なので駆逐される事というかボコられる事も多くなりましたが、なぜかムカつきません。
多分耐えれるだけ耐えて、相手にリキャ長いスキル等使わせた事でも貢献してるからなんでしょうね。
忍者とか、妙に犬死に感があるんで( ´∀`)

まぁでも・・・PTがうまく機能してる時だけですけどね・・・
グダグダだとボコられるのがアホらしくなってくる、そういう時って他アラもグダグダだから点差やたら開いててやる気がどんどん下がる。
最近はこういうグダグダ時に上手いこと立ち回る術を模索中


posted by ヴァレぴよ at 22:50| 愛知 ☁| Comment(0) | FF XIV 新生エオルゼア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

【FF14】とあるミコッテのエオルゼア日和

日々謎地図の毎日です、こんばんはっ

ff14_120215.jpg


PvPやったり、極やったり、バハやったり、ルーレットやったりの合間でシコシコと禁断を行い、なんとか新式3禁断もここまで出来た。

ff14_120214.jpg


ff14_120213.jpg


問題は腰でして・・・
最高スペックを求めるなら、雄略ガガ天眼ガガ武略ダの禁断になるのですが、そもそも1スロットしかない装備なので成功率に問題がある。
でも、とりあえず雄略ガガには出来たので、今は天眼が安い時に買っては運試しする毎日です。
一体どこを目指しているのかわからないのですが、現状左側が
武器:ヴァジュラ
頭:アラクネ 禁断5フルスペック
胴:詩学
手:アラクネ 禁断4
腰:キリム 禁断2
脚:詩学
足:アラクネ 禁断5 フルスペック

となっていて、大分完成に近づいてきてます。
なにを持って完成かと言うとわかりませんが、現状右側が100〜120のトークン系雑多アクセサリなのでここをテコ入れすれば命中がバハ真成4層正面必須をマーク出来る。
でも命中過多になりそうな気配があるので、どっかで90禁断混ぜないといけないかもなぁ

と、そこまで装備にこだわってなにを目指すのか・・・
ひとまずは自己満足だけど、やっぱりバハやりたいです

ff14_12041.jpg


----------------------------------------------------------------

フロントラインは10戦目を経験し、自分の中のモヤモヤがまだ解けません。
ただわかったことは、当たり前だが戦況は一定ではないこと。
それゆえ、余程チキンプレイしない限りは死なないという事はまずあり得ない。
狙われにくいという意味合いでは近接DPSである忍者は狙われにくいのですが、白黒粘着で深追いしすぎてHPがやや減ってると急にターゲットになったりするので、ある意味黒魔道士やってるのが一番死なない気がしてきました。
狙われてても白さんが守ってくれます。

ただ、やはり現状でのフロントラインでのキーマンである事から黒は避けたい。
と言うかキルとCCが仕事なので経験不足な自分には荷が重い。

こうなってくると、戦士で場を荒らすのが一番気軽な気もしてくるのです。
タンクはとにかく狙われません。
突撃し場を荒らすのが仕事ですが、後ろが付いてこないとただ一人死にに行くだけです。
さすがに支援もない状態で3人ぐらいからボコられると耐えれません。

不思議なのは、ネットではあれほど情報のある斧術士を見かけないこと。

そしてそろそろ問題になってきたのが・・・PvP用XHBの事。
いちいちコンフィグから拡張XHB設定してってのがめんどくさくなってきた( ´∀`)

今は何度も倒された時の15秒間画面を見ずに済む方法がなにかないか探してます。
現在は漫画読んだりLINEしたりですが、よくよく考えればツイートでいいんじゃねって。
でも苛立ちの中でつぶやくとろくな事がないですよねっ



posted by ヴァレぴよ at 18:51| 愛知 ☔| Comment(0) | FF XIV 新生エオルゼア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする