2014年12月04日

【FF14】とあるミコッテのエオルゼア日和

日々謎地図の毎日です、こんばんはっ

ff14_120215.jpg


PvPやったり、極やったり、バハやったり、ルーレットやったりの合間でシコシコと禁断を行い、なんとか新式3禁断もここまで出来た。

ff14_120214.jpg


ff14_120213.jpg


問題は腰でして・・・
最高スペックを求めるなら、雄略ガガ天眼ガガ武略ダの禁断になるのですが、そもそも1スロットしかない装備なので成功率に問題がある。
でも、とりあえず雄略ガガには出来たので、今は天眼が安い時に買っては運試しする毎日です。
一体どこを目指しているのかわからないのですが、現状左側が
武器:ヴァジュラ
頭:アラクネ 禁断5フルスペック
胴:詩学
手:アラクネ 禁断4
腰:キリム 禁断2
脚:詩学
足:アラクネ 禁断5 フルスペック

となっていて、大分完成に近づいてきてます。
なにを持って完成かと言うとわかりませんが、現状右側が100〜120のトークン系雑多アクセサリなのでここをテコ入れすれば命中がバハ真成4層正面必須をマーク出来る。
でも命中過多になりそうな気配があるので、どっかで90禁断混ぜないといけないかもなぁ

と、そこまで装備にこだわってなにを目指すのか・・・
ひとまずは自己満足だけど、やっぱりバハやりたいです

ff14_12041.jpg


----------------------------------------------------------------

フロントラインは10戦目を経験し、自分の中のモヤモヤがまだ解けません。
ただわかったことは、当たり前だが戦況は一定ではないこと。
それゆえ、余程チキンプレイしない限りは死なないという事はまずあり得ない。
狙われにくいという意味合いでは近接DPSである忍者は狙われにくいのですが、白黒粘着で深追いしすぎてHPがやや減ってると急にターゲットになったりするので、ある意味黒魔道士やってるのが一番死なない気がしてきました。
狙われてても白さんが守ってくれます。

ただ、やはり現状でのフロントラインでのキーマンである事から黒は避けたい。
と言うかキルとCCが仕事なので経験不足な自分には荷が重い。

こうなってくると、戦士で場を荒らすのが一番気軽な気もしてくるのです。
タンクはとにかく狙われません。
突撃し場を荒らすのが仕事ですが、後ろが付いてこないとただ一人死にに行くだけです。
さすがに支援もない状態で3人ぐらいからボコられると耐えれません。

不思議なのは、ネットではあれほど情報のある斧術士を見かけないこと。

そしてそろそろ問題になってきたのが・・・PvP用XHBの事。
いちいちコンフィグから拡張XHB設定してってのがめんどくさくなってきた( ´∀`)

今は何度も倒された時の15秒間画面を見ずに済む方法がなにかないか探してます。
現在は漫画読んだりLINEしたりですが、よくよく考えればツイートでいいんじゃねって。
でも苛立ちの中でつぶやくとろくな事がないですよねっ



posted by つねぴよ at 18:51| 愛知 ☔| Comment(0) | FF XIV 新生エオルゼア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【FF14】最大72人規模の対人戦「フロントライン」始めました

「始めました」三連発!!

タイトルのとおり、フロントラインを今更始めました。
元々興味はあったのですがそれ以外にやりたいこともあったのでスルーしてた。

が、この度スフィアスクロール強化の為戦記が大量に必要になり、その収集先としてフロントラインを選択した次第

戦記収集は人それぞれ効率いいものが違ってきますが、付随する収集物で選択しました。
モブハンは同盟記章と合わせてアレキサンドライト収集特化とも言えるがフルPT組める保証がないしPT組まないと報酬が激減する。
侵攻編4層周回も戦記20で人気も高く、クリアが安定するのなら周回時間も安定し、高位の武具を得れる。
ではフロントラインはというと、戦記40(詩学20)と対人戦績による対人戦績装備やマウントが報酬となる。

筆者がフロントラインを選択した理由は
・ジョブがなんであろうと人数さえ揃えばマッチングする
・平均で15分程度でマッチングするし、即シャキもある
・一戦15分前後で終わる
極端な話鼻ほじってるだけで戦記と戦績得れる
・戦績装備がサブ用にもわりと優秀
・短いプレイ時間でも気軽に戦記稼げる

という筆者にとって複数の利点があった。
太文字部分が一番の魅力でした。

が、一昨日初めてアウトロー戦線へと赴いたのでとにかく勝手がわかりません。
初戦は忍者で行ってPTについていきつつ適当に土遁と氷遁ばら撒きながら黒にだまし討ちしてましたが、まぁ、負けました。当たり前ですね。
次に戦士で行ったり黒で行ったりとしてましたが、よく死にます( ´∀`)
まわりが見えてないので当たり前ですねー

そしてイライラします。

そう

筆者はオンラインゲームの対人戦が嫌いです。
というか対人対戦ゲームは対戦格闘以外嫌いです。
なんというか、とにかく倒されるとムカつくんです。

フロントラインも例外ではなく、二人以上に囲まれて為す術もなく倒されると相当イヤな気分になる。
ま、これは戦士で突出しすぎた自分のせいですが、仲間がとにかく逃げ腰だったのもあります。

ひとまず6戦やってみた結果思ったのは以下

@ルーレット消化後の戦記収集の時間効率は抜群
A黒渦団が変なのか2.4でドローン湧きタイミング変わったそうでそれによる戦術の変化か、どうにもグダる
B無心でやってれば戦績1万以上はわりと溜まりそうだけど、問題はPvPランクか
Cレベル上げ感覚で考えるとPvPランク上げも苦じゃない
D天鼠之大袖の翼がミラプリ用として欲しい!
Eとにかく倒されたくないので学者やろう
F鼻ほじれません


@が全てですね。
アレキサンドライトで考えるならモブハンのほうが効率はいいのでしょうが、安定性に欠けますし、仮にプレイ時間2時間と仮定した場合、2時間に稼げるアレキサンドライト量が長いスパンで見るとモブハンはフロントラインより少ないかもしれないと感じた。
ま、どちらもマッチング運やPOP運やPT運が絡みますので不確定要素だらけです。
その中でフロントラインは、なにを取っても"エキサイティング""楽しい"点にある。
モブハンは思考も感情も停止した作業感に支配されるが、フロントラインは対人戦であるゆえに作業感がない。

ただやはり・・・元々人との争いが苦手なので、キルに興味がない。
が、キルされると心がザワつく。
その結果、沈む時は沈むがとにかく耐久力が高いというジョブである「学者」に目をつけました。
これもパッチでだいぶ変わったそうですし、ヒーラーゆえに狙われやすいので選択がおかしいのかもしれません。
斧術士のほうが相手からすれば "戦うだけ無駄" 感がある分生存率は高いのですが、野良CFでフロントラインやってて思ったのが"仲間を信用出来ない" という事。
かと言って引き気味の斧術士になんの存在意義があるのかと。
本来ここは信用すべきなのでしょうが・・・
例えば斧術でオラオラしながら突撃し前線押し上げを図っても後ろがビビリだと自分がボコられるだけ。

あと、忍者多すぎ
強いという話がネットに溢れたせいか、スカウトらしい動きがフロントラインでは活きるからってのもあるけど、そのせいで単独行動で空き巣狙いばかりのアホとかが湧きやすく、結果人数差で押し切られ旗取れないとかザラ。
元々近接DPSって存在がフロントラインでは微妙な位置にいるので忍者多すぎて腹立つ。


しかし8戦目を終えたところで一つ感じたことがある。

忍者だとキャスターに張り付いての詠唱妨害が超楽しい

キルに興味がないのは先ほど記したとおり、相手を倒す事に興味がない



邪魔をする事にはとても興味がある

性格が出てますねw

あ、でも柔らかいので敵複数に狙われると予測できた時点ですぐ逃げます。
結局は倒されたくないのでね。

結局は・・・人数差です。

結局のところ今の自分のフロントラインは

殺されたくないから逃げを常に意識し
キルに興味はないが妨害が楽しい

とほぼ纏まってきて、結局対人でも忍者メインですねコレ

ff14_12023.jpg



posted by つねぴよ at 03:47| 愛知 ☔| Comment(0) | FF XIV 新生エオルゼア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【FF14】最高難易度コンテンツ 「大迷宮バハムート」と、高難易度コンテンツ「極蛮神戦」始めました

何度か記してきてますが、実は私、アーリーアクセス組です。
しかし課金は続けどもプレイしてない期間も多かった為、コンテンツの進みはかなり遅れておりました。

で、「大迷宮バハムート」
そもそもこういったハードプレイ層向けコンテンツは、リア充してる自分には縁がなかったわけです。
が、パッチも進み過去コンテンツが「超える力」の実装や一般プレイヤーでもILの高位化に伴い、攻略がかなり楽になりました。
なので予習は当然しつつも身内に声をかけ、幾人かCF野良を混ぜて、1〜4層をすっ飛ばし邂逅編5層をささっとクリア

ff14_120211.jpg


次は侵攻編4層の予習をして、ここで武具集めかクリアフラグだけ得ておいて真成編への参加へ繋げようかな〜ってとこです。

忍者メインの自分にとって侵攻4層はそれほど魅力的ではない。
ハイアラガンクリーパーは優秀ではあるけど、クリ意思特化ノウスやネクサス含めた3本と比べると第二位の性能。(IL115ではネクサスに軍配があがる)
ただ、アニムスやヴァジュラと比べるとけっこうな差でハイアラガンクリーパーの性能が高い為繋ぎには優秀な一本です。
実はもう一本繋ぎに優秀な武器がありますが、PvPランク45以上で装備可能な上に対人戦績ためてないと入手出来ない天鼠之双刀なので一般性は低いし、ヴァジュラやシヴァ・アイスダガーと比べれば上だがハイアラには劣る。
もちろん最強武器はクリ意思付いちゃっててパッチ2.41現行最高峰のバハムートダガーです。
これは異常に強いです、ガーロンドマジテックダガーが繋ぎになるレベルですが、次のゾディポン実装も発表されてますし、ガーロンドに必要性が生まれるかはわかりませんね。

ただ、サブジョブ用の武器収集と考えた場合侵攻4層はかなりの魅力を秘めており、なるべくやっていきたいところですので予習予定です。

が!
その前に極蛮神です!
こちらも今は修正がかかり、極タイタインや極イフリートをクリアしなくとも極モグと極リヴァイアサンクエストを受注でき、この二種をクリアすれば極ラムウクエストが開放され、極シヴァへと繋がる。
(もちろんメインクエは最新段階まで進んでる必要あり)
極ガルーダしか倒してなかった自分にとってこの仕様変更はありがたく、昨日極モグと極リヴァをクリアし(極リヴァは床ペロ→ペロ中に海へ落下→出荷)
本日極ラムウ!ってことで、まずは極蛮神から潰しています。

極ラムウは身内でナイトと白に手伝ってもらって自分は忍者でしたが、CFでマッチングしたナイトがDEXアクセを付けているという謎装備で心配があり、その心配が見事に現れグダるグダる。
自分は初見なので初戦はかなり床ペロしましたが2戦目には裁きの雷までの仕組みや流れはわかった。
が、とにかく野良ナイトがよく床ペロする上にマクロないので連携もしない。

やっと雷鼓フェイズまで到達したかと思いきや、雷鼓で結ばれた二人のうち雷玉回収役が回収すべき雷玉をなぜか地雷ナイトがここまでの流れのまま回収を続け雷鼓を解除できなく・・・グッダグダ
この雷鼓フェイズまでこれたのが4戦目だったのですが、ここで判断されたのかギブアップ投票が始まり・・・解散しました( ´∀`)

ま、おかげで慣れまして流れやギミック対処はほぼ心得たのであとはメンバー運かなってとこですね。

極シヴァのアクセサリやサブジョブ用のIL110武器が欲しくて進めたい気があるのですが、なんかめんどくさくなりそうですw

ではでは

ff14_120211s.jpg



posted by つねぴよ at 03:15| 愛知 ☔| Comment(0) | FF XIV 新生エオルゼア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【FF14】ゾディアックウェポンクエスト スフィアスクロール始めました

印結び中の氷漬けからこんばんは!

ff14_12021.jpg


ながーい、ながいー黄道十二文書を続け!
ff14_12025.jpg


ようやく解き放たれて!!
ff14_12026.jpg



強化完了!!!

ff14_12027.jpg


むしろ輝きがゼニスの輝きに似ていてなんかパっとしないのだけど、吉光ゼニスはそもそも紫色なのでこれでいいんです!

ff14_12029.jpg


ま、そういうわけでアニムス化したわけですが、ここからが時間がまたかかります。

ff14_120210.jpg


ff14_120212.jpg


アレキサンドライトを最低75個収集のスフィアスクロールの開始です。
目指すはノウスなわけですが、これもまた時間がかかります。

が、アニムスにする時よりはマシなんじゃないかなぁーと。
黄道はF.A.T.E発生待ちやダンジョン攻略でけっこうな "画面から離れ難い拘束時間"がありました。
特に忍者実装仕立てでしたので、DPSはとにかくマッチングに40分以上かかりダンジョン攻略がほんと鬼門でした。
そんな中でF.A.T.E発生まで3時間近く待たされたりと・・・時間はかかるがその負担がけっこう半端なく、同じく時間はかかるが比較的拘束時間のないアレキサンドライト収集はかなり気楽と言えます。
最低でもデイリークエストをこなすだけ、あとは戦記400貯まったら謎地図と交換するなど。

もっと回転上げたいなら画面の前に居座り続けることになるが、Aモブで戦記20と同盟記章20のモブハンが一番アレキサンドライト収集には効率がいいでしょう。
戦記400で謎地図で同盟記章200でアレキサンドライトと交換ですからね。
難点は、モブハンはパッチ2.38時点と比べるとプレイヤー激減した為LSなどコミュニティ持たない方だとフルPT組みづらいことでしょう。
またモブ探しでフィールド駆けまわったりととにかく忙しい。

ほんと、ノウス化目指してると戦記ボーナスが嬉しいですね( ´∀`)
ff14_12024.jpg


戦記!!ください!!
へぶしっ!

ff14_12022.jpg
posted by つねぴよ at 02:47| 愛知 ☔| Comment(0) | FF XIV 新生エオルゼア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする