2014年12月10日

【FF14】PvP フロントライン 22戦目〜27戦目 - 左側アニマル装備完備完了 -

昨日は5戦しか出来なかったが、備忘録も兼ねたフロントライン日記

ff14_12102.jpg


現在のパッチVerは2.45。
パッチ2.4からPvP装備(アニマル名称装備)に付いている「モラル」の値だけPvPエリアではアイテムレベルが上昇するように修正が入った為、フロントラインやる上で70PvP装備がコスト的にも非常に優秀とわかった。

フロントラインはIL80シンクがありますが、70アニマル装備がモラル+10なので、PvPエリアではIL80に上昇しシンク関係なくなる。
これだけだとPvE用のIL110装備のシンクでも別に変わらないってなるのですが、PvP装備はPvPエリアのみで有効なマテリアを禁断で5つまで付けれる。
PvP用装備以外はマテリアボーナス分はカットされるので、これだけでも差が出る。
以上から、フロントラインやっていく上ではPvP装備が一番。

ff14_12101.jpg

肝心のマテリアですが、PvEのように命中だの意思だのを積む必要はないようで、PvP装備には元々PvPに有用なサブステータスが付随しています(全部じゃないけど)。
ひとまずはIL70と90から必要と思われるなサブステが付いた物をピックアップしてった。
学者視点なのでスペルスピードとクリティカル。

そしてPvP専用マテリアである各種耐性マテリアを積んでいくほうが立ち回りやすくなるかなと。


フロントラインにおいてマテリアで付けたい耐性は当然「スタン」と「スリプル」です。
スタン耐性は0と1で違いが出るので耐性ガン盛りに出来る戦績が貯まるまでは最低でも一つは強心のマテリアを付けようと。
耐性1につき1%の効果減少のようです。
ま、耐性2では気休め程度ですけどね( ´∀`)

どうやら、状態異常耐性に本気で対処するなら禁断含めた耐性マテリアによる強化と薬品でのフォローが必要みたい。
現状はマテリアによる耐性値は+28が限度(右側PvPアクセにマテリア穴が無い)、ここに薬品や食事で更に高めていく模様。
スリプル耐性28で、スリプル一回目の効果時間が30秒から21秒とあった
かなりの差です。
ヒーラー以外に欲しい耐性ですね。

ここに食事と薬品を合わせると、一回目のスリプル時間が15秒となる模様。
2回目は大体が連続スリプルくる為薬品使えない状態なので10秒で、3回目は5秒、結局パーセント減なので元の効果時間が短ければ減り幅も狭くなります。
耐性無しでリポーズやスリプル粘着された場合52秒もなにも出来なくなるのが、30秒で済みます。
これはかなり大きい。
スリプル耐性はどのジョブにも欲しいものとなります。
ただ、フロントラインはとにかく乱戦なので、狙われやすいヒーラーには不要かもしれません。(連携してないバカが起こしてくれる)
DPSやタンクにはスタン耐性が特に必要ではない事から、スリプル耐性の有効度は高いと言えるでしょう。
また、拠点外野戦でヒーラーがスリプル30秒くらうと戦況悪くなるので、スリプル耐性がヒーラーに不要とも言えない。

スタン耐性はまた話が変わってきます。
効果時間がそもそも短いので、耐性値たくさん上げても2秒や1秒の減少なので実感しづらい。
マテリア+28、食事HQ+5、薬品HQ+20で耐性値+53が恐らく現状最高の数字
これだと、スタン一回目のシールドバッシュ効果時間が6秒から2秒となります。
他のスタン効果はバッシュ以下の効果時間のものばかりなので、どんなスタン技も被効果時間を2秒以下に抑えれる。
でも現実にはマテリア+食事の+33が主となるでしょう。

長時間スタンの代表であるバッシュをここまで抑え込めるのは魅力的ですが、薬品のリキャストや使うタイミング、使ったけど誰もスタンしてくれなかった時の悲しみなどからいまいち使う気が起きない
少数戦のウルブズならまた話が違うけどもね。
が、ヒーラーの場合ですとスタン6秒を黙って受けているとすぐ沈む。
それを2秒に抑えこむ事で当然二回目三回目の効果時間は1秒以下となってくるので、かなり立ち回りやすくなる。
問題は薬品を使うタイミング
薬品は一回目の効果受ける前に使わないと効果が高くない(特にスタン)
リキャストが90秒とそれなりに長いのもネック。


現実には
「野良で薬品や食事ってバカなの?」といったケチな思考から出る意見もあるので、ケチ思考に同意出来るならマテリア耐性のみでやるといいでしょうね。
食事って言っても耐性付けるだけならドロップ類なのでそんなコストかかりません。
ヒーラーはどうせ食べるならパイナップルケーキやザッハトルテ食べたほうがいいでしょう。(HP確保目的)

ギル減るわけでもなく、戦績コストも安いもんだし、長く続けるならPvP専用装備セットぐらいは用意して臨みたいものです。
posted by つねぴよ at 04:11| 愛知 ☀| Comment(0) | FF XIV 新生エオルゼア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする