2014年12月20日

【FF14】PCからPS4にプラットフォーム変更した利点と欠点

元のPC環境で違いがありますが、自分の場合PCではHDDってこともありロード時間がPS4デフォルトドライブと同等のロード時間でした。
PS3デフォルトよりはマシってやつですね。


PS4を購入した翌日にSSHDを購入しPS4の記録ドライブを換装、これによってPS4そのものの各種読み込みは当然ながら、FF14の読み込み時間も大きく短縮されました。

IMG_4983.JPG
左が元々PS4に入ってたHDD、右が換装先のSSHD




キャッシュで変わってくるので一概には言えませんが、HDDのキャッシュは8MB〜64MB、これではとてもFF14のデータをキャッシュに収めることが出来ず、毎度ディスクに読み込みにいくことになり読み込み速度が遅くなる。
が、(今回換装した)SSHDは8GBのキャッシュを有しており、一度キャッシュに読ませれば読ませたデータに関しては高速で読み出せる。
SSHDは、SSDの高速読み書きとHDDの容量と価格帯のいいとこを取ったハイブリッドドライブの為、超快適を目指すわけでもなければ一番コストパフォーマンスがいい。

1TBのSSDを買おうと思うとPS4が2台買えてしまうぐらいのコストがかかりますし、そんなものをPS4に載せるのはブルジョワかマニアの行い、SSHDは1万円前後。
そのうえFF14においてSSDにした時とSSHDにした時の読み込み時間の差は0.1秒といった誤差から2秒や6秒といった差が縮まる程度。
HDDからSSDにすればほぼ倍の速度で読み込みされめちゃくちゃ速く感じますが、SSHDでも十分に速さを実感できる。

例えば自分の環境差だと、今もPCでプレイ出来るので(PS4ゲームする時はPCでFF14起動してる)いくらでも検証できます。
といってもそんなガチガチにやるもんでもないけども、例えばキャラ選択ログインからキャラ操作出来るまでの時間を測ると、PC(HDD)では約30秒でPS4(SSHD)では約20秒と10秒も違う
普段よく使う移動経路の、ミストヴィレッジ⇔モードゥナ間のテレポだとエリア切り替えに18秒ほどかかっていたものが約10秒に短縮。
IDへの接続も速く、自分より読み込み遅い組が接続されるのを数秒待つほどの差が出た。
PS4のコストを除くと、たった9,980円でこの劇的な差!!
(名古屋大須のアプライドさんで特価になってたのを買った。元職場ゆえに宣伝)
もちろん同じものをPCに積めば同じように速くなるわけですがね。

詳細な検証はこちらでされてますので参考にするといいでしょう。
これでわかることはPS3はやっぱりPS3ってことぐらいでしょうか。
ってか、うちのPCの読み込み速度が一部はPS3HDDと一緒ってのに驚きw
グラフィック性能は段違いだけども読み書きの部分は同じってか。

利点はもう完全にここですが、別にPS4でなくとも出来ることです。

個人的な利点としては、PS4のSHARE機能を使った動画配信の手軽さと、キャプボ経由でPCに負担をかけない配信が可能となった点。
これまではPCでFF14動かしてそれをそのまま取り込み配信していたので、プレイ中はどうしてもカクつきます。
それが解消されましたが、キャプボが720pまでしか対応していないのでPS4の解像度設定を下げることになり、FF14の画質も劣化し本末転倒ですw
SHAREではどうなるかと昨日試しましたが、インターフェイスが邪魔でむしろプレイしにくいという状況に。
ただ、設定変えたらフルスクリーンになったので、動画配信に関してはこれで問題ない。
同時配信が出来ないぐらいですね。

欠点はPS4のハードの問題になりますが、USBポートが2個と少なすぎなのと、XBOX360コントローラーが使えないことでしょうかw
一年以上360コントローラーでFF14やってきてますから、デュアルショックが手に馴染みません(´・ω・`)
ま、これは慣れですね、慣れ
あと、G300もオンボードメモリ使えばPS4でも拡張ボタン使えるってありましたが、Ctrl+Alt+Shift+1といった複合を登録しておいてもPS4で認識してくれません。
なにがおかしいかまだ切り分けも出来てませんが、とりあえずマウス絡みに不都合があります。
ま、元々パッドプレイヤーだったのでそこまで重症ではないですけどね

とりあえず37インチで遊ぶFF14ってものにそもそも違和感がまだあるので、プレイを繰り返して慣れていきたいところです

posted by つねぴよ at 10:33| 愛知 ☁| Comment(0) | FF XIV 新生エオルゼア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【FF14】PS4でプレイし始めてみた

元々FF14はPCでプレイしていましたが、ほぼ衝動買いに近いが前々から"そのうち購入計画"を立ててはいたPS4を購入し、こちらでプレイする事にしました。

PS4本体を購入した狙いはブラッドボーンなんですが、ブラッドボーン以前に発売されるタイトルなど、だいぶ魅力的になってきたPS4ソフトラインナップ。

ここにPC事情が絡んだ。

今自分のFF14を取り巻くPC環境が、PS4よりもグラフィック性能が1段階劣ると言われているHD6870
当時で実売2万円強したグラボだけど今は中古で6,000円ほどで買える。

で、グラボをグレードアップしようと考えた場合、PS4の上をいかなければ意味がないので実売3万円代のグラボを積む必要がある。
オマケに読み込み速度なども考えるとSSDやSSHDの導入も視野に入り、どうせPCグレードアップするならWQHDやWQXGAモニターにしてハイエンド化したい。
とまで考えた際に

そこまでしてどうすんの?

と、冷静になった。
そもそもFF14しかやらないのにこのスペックは宝の持ち腐れです。
FPSやってるならまだマシですが、興味がないジャンルなのでほんと持ち腐れる。

で、ふと考えました。
グラボだけで3万円代である。
今はPS4の中古も値段が上がってきていて殆ど新品と変わらない価格のとこもある(ソフマップとか)。
一時期のどの店も在庫過多だった時代がウソのよう。

そんな時流の中で元職場が相変わらずの低価格設定であった為目をつけ、買うならやっぱり新品がいいのですが、自分が勤務していた際に店頭に出せれなかった新品同様品ではあるが事故品在庫、4ヶ月間も本部に放置されてた在庫、あれの存在を思い出した。
今も働いている元同僚に聞いてみるとまだ在庫として残っており、お客に出せないのでデッドストックとなったままだった。

事情知ってる元担当ゆえにこのデッドストックを購入しようと計画、安くなったわけではないが新品同様である点を評価。
なんせ査定したのは自分自身。
まぁ・・・事故品になった理由が店頭出ししてからの外箱にあるので、外箱は歴戦の強者になりかけの渋みが出ていますが、中身は新品。

PS4が中古価格なので換装予定のグラボとほぼ同じ値段だったのもあり、FF14やる為だけのグラボ1枚に3万弱出すよりも、たくさんゲームが遊べてプラットフォームとしても将来性のあるPS4に3万弱出したほうが建設的という判断となりました。
ぶっちゃけ、ブラッドボーンの為にいずれ買うからってのが一番の理由ですけどw

本体と同時購入したソフトはFF14のみでなんかもうアレですが、ほぼほぼ満足しています。
不満というか違和感は、やはり24.1インチPCモニターで遊んでいたのと37インチTVで遊ぶのとではまるで感覚が違うこと。
通常であればTVのほうがよりUIが広がりそうなのですが、PS3設定というべきか画面がデカイからこその最適視認距離を考えての文字の大きさというか、デフォルト設定ではHUDがデカすぎてまるでPS3版みたいで萎えた。
まぁこんなもんはHUDいじって拡大率変更するだけなんですが、これがなかなか面倒くさい。

まだTVで遊ぶFF14に慣れてませんが、PS4とPCのハイブリッド化出来たのはある意味良かったことかな、と。

まだ、マクロ作り直しやHUD設定しなおし、G300が上手いこと機能しないとか、USBポート少なすぎてマウス&キーボードを使いにくいとか、ギアセット作り直しとか、ホットバーも構築し直しとか・・・
とにかくまともにプレイ出来るようにする準備が全く整ってません。
ひとまずは日々のエキルレ用でナイトと忍者だけは環境戻し、謎地図用の斧術士も設定しなおし、やるべき事はやれるようにしたけど、他がダルダルです。

少しづつ環境戻してかないとねぇ


posted by つねぴよ at 02:32| 愛知 ☁| Comment(0) | FF XIV 新生エオルゼア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする