2016年04月30日

ロードバイク初心者の徒然 -7- 【盗難補償と自転車保険】

ロードバイクと切り離すことの出来ない厄介ごとである自転車の盗難被害

自転車の盗難補償と、盗難補償絡みで自転車保険

zidoro.jpg

これらをまとめてみた。

※この記事はロードバイク初心者が、一台目を購入するまでにショップ店員とネット情報と自己調査で調べた内容をまとめたものとなっています。
記載時のライド歴が8日の初心者が記してます。


まずは自転車保険から

------------------------------------------------------

続きますヨ
posted by つねぴよ at 10:00| 愛知 ☀| Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

ロードバイク初心者の徒然 -6- 【ライトとベルについて】

アクセサリ編の「ライト」と「ベル」についてです。

この二つのパーツには "道路交通法" が絡んできます。

当たり前ですが道路交通法を守って走行していなければ、接触事故や信号無視や職務質問や示談や保険請求の際にどんどんどんどん不利になっていきます。


「自転車」
それは、道路交通の意識の低い子供や学生ですら日常のように乗っています。
主婦層の我儘な走り方に蹴とばしたくなることもあったでしょう
スマホ見ながら走行してる学生をしっぺしたくもなるでしょう
子供は暖かい目でこちらから避けるか、親をデコピンしましょう

それ故に、スポーツサイクルに乗っていてもそのクセが抜けていない輩もいます。

ロードバイクは自転車の頂点です。
ではそれに乗るライダーは?
やはりマナーやモラルの上でも頂点にいたいですよね。
汝、紳士淑女であれ、です。

-----------------------------------------------

続きますヨ
posted by つねぴよ at 10:00| 愛知 ☁| Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

ロードバイク初心者の徒然 -5- 【おすすめペダル編】

ロードバイクを始めるにあたり自分で実店舗でスタッフに話聞いたり、ネットで調べたりして得てきた知識を対外向けにまとめていってます。

記事作成している現在は、記念すべき一台目の納車待ちの日々です。

ちょっとここまで長文系ばかりだったので、いいかげん短く纏まるテーマになってきた感じですw
この徒然シリーズは基本的に1から順番に読んでいって整合するようになっているけど、単一でもわかりやすいようにはしたい。

では、今回のテーマは "必須アクセサリ"
車体を買っただけでは完全ではないロードバイク。
そもそもペダルがありませんので漕げません。
(一部のモデルにはしょっぼいのが付いてます)

では、続きへ
続きますヨ
posted by つねぴよ at 10:00| 愛知 ☁| Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

ロードバイク初心者の徒然 -4- 【予算】

前回から、予算の面だけ抜粋した内容です。

ロードバイクを始めるにあたり自分で実店舗でスタッフに話聞いたり、ネットで調べたりして得てきた知識を対外向けにまとめていってます。

記事作成している現在は、記念すべき一台目の納車待ちの日々です。

※4/25、一部内容を所有車のものに変更、記事修正


★予算★

10万円から15万円をイメージしてこれまで記してきました。
最大15万円だと、TIAGRAコンポでアルミ+フロントカーボンのモデルを殆どのメーカーで買える予算です。

ただ、ロードバイクは車体買っただけでは完全ではありません。

車体価格とは別に
●ロック(カギ) ⇒ 車体価格の1/10が基準。絶対にバイクから離れないと断言できるなら不要か、ライド中の簡易防犯で3,000円ぐらいのチェーンロックでいい場合もある。ここは十人十色。
●ペダル ⇒ 1,000円〜数万円まで、4,000円前後が最初は妥当。始めから付いてる車体もあるが少数派
●空気圧計または空気圧計付き空気入れ ⇒ 3,000円ぐらいから。スポーツバイクは特殊タイヤなのでママチャリ用ではダメだし比較的パンクしやすいので
空気圧が大事。
●ライト ⇒ 2,000円から。日が落ちてから走る事があるなら法律上必須であり、事故防止の為目立つ為に前後(左右)にあると自分も周囲も安心。
●ヘルメット ⇒ 5,000円から。いのちだいじに。ママチャリ感覚の自転車と思ってはダメ、原付や自動二輪だと思うこと。
最低限これだけは見ておく必要がある。
空気入れは近場にスポーツサイクルショップがあるならケチれるが、自分で持ってたほうが便利

最低限でロックケチれば総計1万5千ぐらいだが、殆どの人が上記ラインナップでプラス3万円ぐらい車体以外に初期投資してる事が多い。
その為プラス3万円ぐらいの余裕も混ぜて、残りは必要性が出たら買い足していけばいい。
ただ、始めから明確にやる事が決まっている場合(レースする、ツーリングする、長距離ライドする)は始めから全て含めて予算立てるといい。
ちなみに筆者にとっての必須アイテムに "サイクルグローブ" があります。
また違う記事にて掘り下げます。


車体を10万〜15万としているので、パーツやアクセやウェアも含めての予算は13万〜20万ぐらいは見ることになる。

あくまでここから触れるのは車体のみの予算

続きますヨ
posted by つねぴよ at 21:02| 愛知 ☀| Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする