2016年04月20日

ロードバイク初心者の徒然 -4- 【予算】

前回から、予算の面だけ抜粋した内容です。

ロードバイクを始めるにあたり自分で実店舗でスタッフに話聞いたり、ネットで調べたりして得てきた知識を対外向けにまとめていってます。

記事作成している現在は、記念すべき一台目の納車待ちの日々です。

※4/25、一部内容を所有車のものに変更、記事修正


★予算★

10万円から15万円をイメージしてこれまで記してきました。
最大15万円だと、TIAGRAコンポでアルミ+フロントカーボンのモデルを殆どのメーカーで買える予算です。

ただ、ロードバイクは車体買っただけでは完全ではありません。

車体価格とは別に
●ロック(カギ) ⇒ 車体価格の1/10が基準。絶対にバイクから離れないと断言できるなら不要か、ライド中の簡易防犯で3,000円ぐらいのチェーンロックでいい場合もある。ここは十人十色。
●ペダル ⇒ 1,000円〜数万円まで、4,000円前後が最初は妥当。始めから付いてる車体もあるが少数派
●空気圧計または空気圧計付き空気入れ ⇒ 3,000円ぐらいから。スポーツバイクは特殊タイヤなのでママチャリ用ではダメだし比較的パンクしやすいので
空気圧が大事。
●ライト ⇒ 2,000円から。日が落ちてから走る事があるなら法律上必須であり、事故防止の為目立つ為に前後(左右)にあると自分も周囲も安心。
●ヘルメット ⇒ 5,000円から。いのちだいじに。ママチャリ感覚の自転車と思ってはダメ、原付や自動二輪だと思うこと。
最低限これだけは見ておく必要がある。
空気入れは近場にスポーツサイクルショップがあるならケチれるが、自分で持ってたほうが便利

最低限でロックケチれば総計1万5千ぐらいだが、殆どの人が上記ラインナップでプラス3万円ぐらい車体以外に初期投資してる事が多い。
その為プラス3万円ぐらいの余裕も混ぜて、残りは必要性が出たら買い足していけばいい。
ただ、始めから明確にやる事が決まっている場合(レースする、ツーリングする、長距離ライドする)は始めから全て含めて予算立てるといい。
ちなみに筆者にとっての必須アイテムに "サイクルグローブ" があります。
また違う記事にて掘り下げます。


車体を10万〜15万としているので、パーツやアクセやウェアも含めての予算は13万〜20万ぐらいは見ることになる。

あくまでここから触れるのは車体のみの予算

続きますヨ
posted by つねぴよ at 21:02| 愛知 ☀| Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロードバイク初心者の徒然 -3- 【ロードバイクの選び方 2】

ロードバイクを始めるにあたり自分で実店舗でスタッフに話聞いたり、ネットで調べたりして得てきた知識を対外向けにまとめていってます。

記事作成している現在は、記念すべき一台目の納車待ちの日々です。
※2016/4/22以降、主に画像を所有車のものに変更

前の記事の続きになります。

「目的」 「見た目」 「価格」 「メーカー」
この4つで大体の方針は決まるでしょう。

ここからは、肝心の予算と、知っているとより選択の幅が広がる(より悩む)事柄になってきます。
限られた予算内で決めたいという人のほうが多いでしょうが、その予算内での様々な要素を前回も記しました。
予算は初心者の場合10万円〜15万円で考える人が多いので、そこを視野に入れて記事作成している。
予算についてはここまで記してきた内容から最終的に導き出すものと考えてますので、別の記事に記してる。


続きますヨ
posted by つねぴよ at 10:00| 愛知 | Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする