2016年05月10日

ロードバイク初心者の徒然 -9- 【ボトルとボトルケージ】

※この記事は、14万円のエントリーモデルのロードバイクに乗り始めて18日目の初心者が記しています。
 購入までに調べたネットの情報と、自身でショップスタッフに話を聞いた内容をまとめたものです。
 だんだんと体験談混ざり始めています。

GWに浜名湖一周のサイクリングに行ってきました!(約51km 約4時間のライド)


そんなわけで今回 "から" のテーマは

★ライダーの装備★

ここに目を向けましょう
上のサイクリング時に筆者は全て装備していってます
長距離ライドの際には必要になってくるとも言えますね
当然ボトルなど我慢できる所もありますが長距離ライドにしろ短距離にしろ軽微なストレスがどんどん大きいものになっていき

"楽しいはずのサイクリングが辛いだけになる"

ケチった結果本末転倒となるわかりやすい例です

そうした精神防御の面もこれらの装備は補ってくれます

ここで言う装備は、以下の項目への対策となってきます

●いのちだいじに
●手の痛み対策
●お尻の痛み対策
●汗(臭い)対策
●跳ね石対策
●飛来物や排気ガス対策

●水分補給
●栄養補給


平たく言えば
ヘルメット
(アンダー)ウェア
サイクルグローブ
アイウェア
サイクリングボトル(ボトルケージ)
携帯食料


それぞれ、用途問わず必須のものと、用途においては必須のものとなってきます

ここでは、ボトルとボトルケージに触れます

では、続きへ

-----------------------------続きますヨ
posted by ヴァレぴよ at 10:00| 愛知 ☁| Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする