2017年09月05日

とあるミコッテの紅蓮日和 - 次元の狭間オメガ零式デルタ編3層が遊び場と化してる件 -

現状で最高難易度の8人レイドバトルと位置づけられている[次元の狭間オメガ零式:デルタ編]

データログを見る限りだと3層をクリアしてからもう6週間は経っているわけですが、昨日FCメンバーが3層をクリアしたいとチャレンジするもPTガチャに破れ続けいつまでもクリア出来ないと軽く愚痴っておったわけ

本日5日がリセット日ってこともあって、リセット後にレイドファインダーでコンコンで申請できるのと未コンになってしまうとの雲泥の違いとアドバイスもあり、FCメンからのヘルプを断っていた彼女(ゲームキャラ基準)が遂に「出荷お願いします!!」となったのが深夜24時ちょい過ぎ

俺はのんびりと船上で釣りしながらクロちゃんと過ごしておったわけですが
ffxiv_20170904_220156.png

インしてたメンバーはみんな3層クリア済みで多数クリア経験もおり、綺麗にメインとしているロールもバラけている最高の環境でもありました
まぁつまり、「そろそろ寝る準備するか」となっていたメインタンクの俺も招集となるわけですねw

困ってるFCメンの為なら少々睡眠時間削るのは構わないってことで当然参加

ハウス戻るとみんないたので、なんとなく撮影
大中小と綺麗な左肩下がりしてるw
ffxiv_20170905_003801.png

ffxiv_20170905_003845.png

マテリア禁断合成を力でハメ込むと(勝手に)評判のキレイなお姉さん的ルックスのエレメス(筋肉)が今回の出荷枠なわけで機工士

この深夜の時間帯に強く感じたのだけど、俺はちょうど前回の妖怪ウォッチコラボやってる頃に休止してて、紅蓮アーリー前に復帰したわけですよ
なので、わりとコミュニケーションそんなにとってなかったメンバーってのがむしろ多いほうだったけど、なんか自然と溶け込んでるな、と。
ありがたいことですね。
自分はKRの現役の中ではけっこうな古参ではあるけども、今のメンバーって古参は5人ぐらいしか残ってなくて他8人ぐらいのアクティブメンバーは比較的新しい。
と言うかマスターのビーくんがその新しい組(自分から見て)
そう考えると、KRはいいFCだなぁって思う。ガチ勢には向かないけどねw

そんなこんなで身内のみでオメガ零式3層へ

もうほぼみんな遊びに行く感覚で、竜騎士の眼を戦士がもらいDPS記録更新を目指すだの、救出遊びしてみるだの自由奔放w

結局一発でクリア
そりゃまぁクリア慣れしてるのが7人もいれば簡単だろうとは思うけど、半ば遊んでるからねw
俺はメインタンクという立場上、遊ぶとPT崩壊を誘発するので遊べないけども

うちのメンバーは固定とかでレイドやってないけどプレイヤースキル高い人が多くて、普段ほんっっっとまったりカジュアル勢の割にはレイド適応力が高いっていうのが如実に出てるね

無事出荷できたわけですが、その後寝る準備というかスマホゲのタスクこなすの忘れててスマホ触ってた所に、久々にインしてきていたヒーラーさんが

「私もお願いします!!」

時刻は1:40ぐらい、さすがにヤバイ、ヤバイが先程のメンツは残っているのでさくっと終わらせれなくはない

ってことで、二巡目の零式3層出荷作業へmonar_pose07.gif

ここでは一部がヒーラーからDPSなどサブへ着替えたりしたのとみんな集中力やや切らしてか眠気からか、3度ほど全滅してからのクリアとなり結局終わったのは2:30ぐらい

いやぁ・・・
寝不足です( ´∀`)

ではまた
posted by ヴァレぴよ at 20:00| 愛知 ☁| Comment(0) | FF XIV 新生〜紅蓮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とあるミコッテの紅蓮日和 - イクシオン -

9月4日
念願・・・ではなかったけどものんびりと構えていたマウント [イクシオン] をようやく入手できた

21時過ぎと、オンラインゲームプレイヤーのコアタイム中にのんびりとクガネで倉庫整理してたらシャウトで 「イクシオン湧いたみたいです インスタ1」みたいに流れて、速攻暗黒モードになり現地へ

駆け込んだ時には60%ぐらいまでHP減ってる状態で、とにかくひたすら敵視を稼ぎ続ける為にパワスラコンボ連打、ダークアーツまで乗っけちゃう!

ffxiv_20170904_213942.png

200人近いプレイヤーとバディが集まり相変わらずのカオス空間であるレアF.A.T.Eボス イクシオン
マウント報酬なきゃこんなに集まらないわけですが、過疎と言われているイフ鯖の一体どこにこんなにプレイヤーがいるのかと思えるぐらいにワラワラとw

ffxiv_20170904_213935.png

その結果、PTメンバー皆さんの頑張りもあって金評価でフィニッシュ!

ffxiv_20170904_213948.png

角6本手に入ったけど、あと3本で良かったので3本余りました!!
ところでイクシオンに乗ってイクシオン狩りに来る人はなんなの?後からなにか追加されるかもしれないから的なもの?

この、ホルンを使う前のなんとも言えない喜び(レアマウントに限る)
ffxiv_20170904_214122.png

同じタイミングで入手した方々の喜びの光景
ffxiv_20170904_214258.png


最近のお気に入りマウントは騎乗時に流れるBGMの面と手頃な小ささと騎乗時のキャラの前傾姿勢でお尻がから極ソフィアでドロップする[ゴッデスラナー]だったのであまりイクシオンに興味なかったのはありますが、いざ乗ってみるとこの圧倒感はなかなかクルものがあるね!

ffxiv_20170904_214959.png

ffxiv_20170904_215014.png

うーむ、カッコイイ
カッコイイがBGMは汎用で雷のジリビリ音が常にまとわり付いて、おまけにデカイのであまり快適じゃない syobon_01.gif

でも、取れてよかったよー
ありがとう、クガネでシャウトしてくれた人!!

ではまた
posted by ヴァレぴよ at 13:55| 愛知 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とあるミコッテの紅蓮日和 - お久しぶりです -

ブログの更新自体めちゃくちゃ久々になっていますが、少しは触ろうよってことで。

ファイナルファンタジーXIV 紅蓮のリベレーターが発売される一週間前ぐらいに復帰し、以降またハマりこんでるわけですが、色々と燃え上がってた時期は今更すぎるので割愛しましょう

のんびりと日々を綴っていけたらなと考えておりますが、果たして続くか!?w

ffxiv_20170904_220214.png

aroe_middle.gif


〜某日〜
ギル貯金が300万ぐらいと少々心もとなくなってきましたので、消耗品や消耗品を作る為の素材をなるべく自力で採集しようって目的で、最近はチマチマと釣りを上げている

ffxiv_20170904_194234.png

刺突漁のおかげで時間がかかりがちな通常の釣りよりもレベルアップしやすくありがたい限りですね
基本的にはスイの里周辺でひたすらナマコを採りつつ、HQ品でギルドリーブしてNQはマーケットに出すという流れ

釣りを上げる目的が単純に「シロイカを自前で確保したい」ってのと、[夜光の霊砂]を得やすくしたいって目的ですね

シロイカはクラフターの定番料理である[天ぷらの盛り合わせ]の中で一番マケ取引価格が高い素材なので、シロイカどうにかすれば他をマケ購入したとしてもかなりのコストカットになります
イフ鯖の場合、天ぷら盛り合わせHQ単価が5000前後で取引されておりシロイカがNQ単価2000前後、他の素材は50〜500ぐらいだが数が多い。
素材全部購入した場合一回製作するのにかかる単価がおよそ4000で、一度の製作で3個出来上がるので充分にコストカットは出来ているのですが更に落とし込む為にってとこですね
シロイカ自前採りして、小麦粉や綿実油はささっと原料採取してきて簡易製作で数を用意
およそ1時間で天ぷらの盛り合わせHQが60個は作れるぐらいの素材が集まるので、新パッチくるまではそんなにクラフト飯も食べないので、ひと月に一回採集活動するだけで充分間に合うわけです。

同じようにタンク飯で採用している[ちらし寿司]も自給自足して作ってます
こちらは、筆者がバトルコンテンツメインのプレイヤーなのでそれなりに消耗していきますが、まぁ80個ぐらい作っておけばひと月は保ちます

で、釣り上げの目的の一つである [夜光の霊砂]は刻限素材の精選で出ますが、時間が限られている刻限よりも釣りでいつでも採れるアジを蒐集し精選でも出現するってことで、単価10,000前後の取引価格
用途は [剛力の薬湯]の為で現状は考えているのですが、1回の製作で3個出来るとはいえちょいと元コストがかかるな、と
ただ、手間もそれなりにかかるので夜光の霊砂に関しては手間賃として買うか・・・ってとこで今は妥協してる
売る為じゃなく使う為に作るのでね。

ところで、水中でのバーニア魔導アーマーにはなんか感じるものがありますねw
マニピュレーターがクロー形状になってるので、より採集用マシンのようなイメージが強くて、ギャザやってる時の移動で妙に乗ってしまう monar_03.gif

ffxiv_20170904_194422.png
ffxiv_20170904_194434.png

ではまた

posted by ヴァレぴよ at 13:27| 愛知 ☁| Comment(0) | FF XIV 新生〜紅蓮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする