2006年10月03日

忍者の生活と訓練

今になって思いだしたのはですね、先日レンタルビデオ屋でたまたま目に入った
チアガール忍者」とかゆうB級・・・C級かもしれない・・・ぐらいの洋画が発端ですw
どこをどう取っても、外人が曲解した忍者像でネタ映画を作りました、でしかないので観てませんが、ちょこっとググってみたところ、マニアックな人気があったようです、ネタとして。
こりゃ観とくべきかな・・・w

チアガールやヴァナディールの忍者などではなく、ここで語るのは史実の忍者

☆-------------------------------------------------------☆

以前にも述べたとおり、忍者は農民です
農作業を終えた彼らは、その後に忍術の鍛錬をしていました。

「伊賀忍者は毎日早朝より昼まで農工商の仕事に精を出し、午後から日暮れまで武芸弓馬を研究し、古来より伊賀の遺風である忍術を鍛錬していた。
忍術を使えばいかなる要害といえども突破できないものはない

と、あります。
事実、ここから先に書いていく忍びの特殊技能を会得したとすると、突破できないものはありません。

武芸全般に言えますが、根本的に大事なのは修行に耐えるだけの心身の訓練。
これが必要不可欠です、この心身訓練が農作業であったとゆうことです。
体験程度でも農作業をしたことがある人はわかるかと思います。あれはけっこう辛い。

生活はこのあたりで一旦きりましょう。

続きに、忍者独特の体術。
例えば天井張り付きとか遠見とか、そのあたりのことを書きます。 
セッション分けして記していきましょう。

[暗闇でも目が見える]
暗闇でも周囲がよく見える技能です。

忍者が活躍した時代には電気なんてものはありません。
夜間の明るさの源は蝋燭や灯篭・月明かりが殆どで、夜ともなれば漆黒の闇があたりを覆うばかりです。
よって、忍者にとって暗闇で目がきくことは生死を左右しました。
この漆黒の闇こそ、忍者が暗躍する場でしたからね。

訓練方法は至って単純。
まず「明眼之法」訓練は、明るいところから急に闇へ入る、またその逆に暗いところから急に日光の下へ出る。
これの繰り返しです。
これを繰り返すうちに、明るいところから急に暗いところへ入っても、敵より早く状況を把握でき行動が出来る。
現代忍者ともいうべきSWATなど特殊部隊の方々は・・・赤外線スコープゴーグルです、文明の利器っていやぁね。

次に、「灯火目付」訓練。
漆黒の闇の中、10m離れた場所に灯した灯火の中心を限界までまばたきせずに凝視し、一度目を閉じ、精神を集中させてから再び同じことを行う。
これを繰り返したのち、針で穴を開けた紙で灯火を包み、またそこをじっと見つめる。

これらの訓練を繰り返すうちに、忍者は月もない闇夜でも目が利くようになり、昼夜変わらない行動が出来ました。
この訓練をすれば現代人でも忍者の特殊技能を会得出来ます。

[天井に張り付く]
城の城壁を登る、忍び込んだ屋敷や城内の天井で息を殺して張り付き情報を得る。
天井のみならず、壁に張り付く技能は、忍者にとって重要な技能でした。

訓練方法は、「虎之爪」と呼ばれていました。
訓練初歩の段階ではまず、器に入れた砂めがけて指先を突き入れる
意外と硬いんですよ、これ。
初歩の訓練に慣れてきたら、砂を砂利に替え、同様に突く。
ときには鉄の玉を突く訓練もしていたようです。

また、親指と一指し指のみでの逆立ち、指先のみで木にぶら下がる、60キロもある米俵を親指と一指し指のみで持ち上げる
これらの修行をして指先の強化に努めていました。

ここまでの鍛錬をしていても、指先だけの力で体を支えるのには限界があるため、忍者は普段の修行で用いる米俵と同じ重さ、つまり体重を60キロ前後で保つように心がけていました。

これもやはり現代でも訓練すれば会得できますが、やりたくないですねぇ・・・。

[忍びの走法と跳躍力]
音をたてず、しかもすばやく移動する。これ忍者の基本です。
忍び独特の走法、足音をたてない歩き方を習得する「神足法」です。

訓練方法はまず
爪先のみで歩く訓練をします。地面の上・畳などあらゆるシーンを想定して、です。
爪先のみでの歩行に慣れたら、次は爪先で踏み切り跳躍する訓練をします。

また、足の甲で歩く訓練もしていました。
壁を背にして足をX字型に交差させ、横に飛んでまた足をX型に交差させる。
歩幅が広がるので、この「横歩き」の2歩は、普通に歩いた時の3歩にあたりました。

また「深草兎歩」とゆう方法もあります。
これは手の甲の上に足を乗せて進む方法です。
まず右手を床につけ、その上に右足を置く、次に左手を右手より前に置きそこに左足を乗せる。以下同様の動作を繰り返しながらコソコソと移動するのです。
やってみるとわかりますが、速度は遅いけど怖いぐらいに音をたてません。
でもそれ以前に体を支えておくのが難しい罠

走法の訓練には長い布を背中に垂らして行われました。
布が地面につかないよう全力で走る。

跳躍力に関しては、わりと有名なアレです。
そう、麻を使ったものです
麻は生長が早いので、日々この麻の穂先を飛び越える鍛錬を積んでいると、麻の生長に伴って跳躍力も成長していくのです。

[聴法と泳法]
はしょります。

忍者にとって、聴力とゆうものは大事です。
隠密行動中に遠く離れたところの足音まで聞き分けれるように、はたまた障子越しに部屋内の会話を盗み聞きしたりです。

この訓練は板などに針を落とし、その音を聞くとゆう方法で鍛錬していました。
徐々に板と自分の距離を離していき、さらには離れた板に何本の針を落としたか、などです。

泳法もあります。
濠を渡ったり、水中に身を隠すこともある忍者にとってはこれまた重要です。
また、通常の泳ぎと違い忍者の泳ぎは特殊です。
水底を静かに進む隠れ泳ぎが忍者の泳ぎ方です。通常の泳ぎでは水面の揺れや水音で発覚してしまいます。

忍者はひとたび潜ると、5分は息を続かせることができる訓練をします。
この5分間で、敵が思いもよらなかった方向へ素早く水底を泳ぎ進むのです。

[最後に]
忍者はその隠密行動の特殊性から、食事が取れない・食料がない時もあります。
ときに、意識的に暴飲暴食をし、次に断食をする。
これを繰り返すことによって長期的に食事が取れないような状況になっても生き延びる術を身につけていました。



参考文献
今まで出たもの

posted by つねぴよ at 18:40| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 忍者マメ知識 (史実) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふらーっとよく覘かせてもらってます、PSUネタが多いようなのでここらで一息^^;

アフロニンジャ
http://www.dailymotion.com/cluster/extreme/video/x15q6r_afroninja

ユーチューブ以外でも面白いのころがってますよwってか『究極』のジャンルにエロも転がってますがwww
Posted by CAPCO[M] at 2007年02月09日 19:57
間違った忍者が!?

まぁ、面白動画捜し求めるのも疲れるので、拍子に見つけたもので楽しんでるぐらいですねぇ

にしてもアフロニンジャ・・・
Posted by ぴよ at 2007年02月11日 09:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24833415
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック