2014年12月20日

【FF14】PS4でプレイし始めてみた

元々FF14はPCでプレイしていましたが、ほぼ衝動買いに近いが前々から"そのうち購入計画"を立ててはいたPS4を購入し、こちらでプレイする事にしました。

PS4本体を購入した狙いはブラッドボーンなんですが、ブラッドボーン以前に発売されるタイトルなど、だいぶ魅力的になってきたPS4ソフトラインナップ。

ここにPC事情が絡んだ。

今自分のFF14を取り巻くPC環境が、PS4よりもグラフィック性能が1段階劣ると言われているHD6870
当時で実売2万円強したグラボだけど今は中古で6,000円ほどで買える。

で、グラボをグレードアップしようと考えた場合、PS4の上をいかなければ意味がないので実売3万円代のグラボを積む必要がある。
オマケに読み込み速度なども考えるとSSDやSSHDの導入も視野に入り、どうせPCグレードアップするならWQHDやWQXGAモニターにしてハイエンド化したい。
とまで考えた際に

そこまでしてどうすんの?

と、冷静になった。
そもそもFF14しかやらないのにこのスペックは宝の持ち腐れです。
FPSやってるならまだマシですが、興味がないジャンルなのでほんと持ち腐れる。

で、ふと考えました。
グラボだけで3万円代である。
今はPS4の中古も値段が上がってきていて殆ど新品と変わらない価格のとこもある(ソフマップとか)。
一時期のどの店も在庫過多だった時代がウソのよう。

そんな時流の中で元職場が相変わらずの低価格設定であった為目をつけ、買うならやっぱり新品がいいのですが、自分が勤務していた際に店頭に出せれなかった新品同様品ではあるが事故品在庫、4ヶ月間も本部に放置されてた在庫、あれの存在を思い出した。
今も働いている元同僚に聞いてみるとまだ在庫として残っており、お客に出せないのでデッドストックとなったままだった。

事情知ってる元担当ゆえにこのデッドストックを購入しようと計画、安くなったわけではないが新品同様である点を評価。
なんせ査定したのは自分自身。
まぁ・・・事故品になった理由が店頭出ししてからの外箱にあるので、外箱は歴戦の強者になりかけの渋みが出ていますが、中身は新品。

PS4が中古価格なので換装予定のグラボとほぼ同じ値段だったのもあり、FF14やる為だけのグラボ1枚に3万弱出すよりも、たくさんゲームが遊べてプラットフォームとしても将来性のあるPS4に3万弱出したほうが建設的という判断となりました。
ぶっちゃけ、ブラッドボーンの為にいずれ買うからってのが一番の理由ですけどw

本体と同時購入したソフトはFF14のみでなんかもうアレですが、ほぼほぼ満足しています。
不満というか違和感は、やはり24.1インチPCモニターで遊んでいたのと37インチTVで遊ぶのとではまるで感覚が違うこと。
通常であればTVのほうがよりUIが広がりそうなのですが、PS3設定というべきか画面がデカイからこその最適視認距離を考えての文字の大きさというか、デフォルト設定ではHUDがデカすぎてまるでPS3版みたいで萎えた。
まぁこんなもんはHUDいじって拡大率変更するだけなんですが、これがなかなか面倒くさい。

まだTVで遊ぶFF14に慣れてませんが、PS4とPCのハイブリッド化出来たのはある意味良かったことかな、と。

まだ、マクロ作り直しやHUD設定しなおし、G300が上手いこと機能しないとか、USBポート少なすぎてマウス&キーボードを使いにくいとか、ギアセット作り直しとか、ホットバーも構築し直しとか・・・
とにかくまともにプレイ出来るようにする準備が全く整ってません。
ひとまずは日々のエキルレ用でナイトと忍者だけは環境戻し、謎地図用の斧術士も設定しなおし、やるべき事はやれるようにしたけど、他がダルダルです。

少しづつ環境戻してかないとねぇ


posted by ヴァレぴよ at 02:32| 愛知 ☁| Comment(0) | FF XIV 新生エオルゼア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。