2016年04月28日

ロードバイク初心者の徒然 -6- 【ライトとベルについて】

アクセサリ編の「ライト」と「ベル」についてです。

この二つのパーツには "道路交通法" が絡んできます。

当たり前ですが道路交通法を守って走行していなければ、接触事故や信号無視や職務質問や示談や保険請求の際にどんどんどんどん不利になっていきます。


「自転車」
それは、道路交通の意識の低い子供や学生ですら日常のように乗っています。
主婦層の我儘な走り方に蹴とばしたくなることもあったでしょう
スマホ見ながら走行してる学生をしっぺしたくもなるでしょう
子供は暖かい目でこちらから避けるか、親をデコピンしましょう

それ故に、スポーツサイクルに乗っていてもそのクセが抜けていない輩もいます。

ロードバイクは自転車の頂点です。
ではそれに乗るライダーは?
やはりマナーやモラルの上でも頂点にいたいですよね。
汝、紳士淑女であれ、です。

-----------------------------------------------

まずは

★ライト★

ややこしいのですが、尾灯に関しては道路交通法上、自転車では必須ではない装備です。
解説サイトなどでは"付けてないと違反"とよく書いてありますが、付けてない場合は条件付きで違反です。
その条件は "反射板を装備していれば尾灯不備は違反にならない"

ただし前照灯は付けてないと違反。正確には点灯させてないと違反。
しかし、法令の定める暗さや区画を走らないのなら装備義務はない。
つまりトンネルなどの区画走らないとか、明るい日中しか走らない場合です。

フロントライトは明るさ200ルーメン以上(実売3,000円以上)じゃないとロードバイクは辛い。
速度出る為100ルーメン以下のような明るさでは不十分と感じるでしょう。
当然街頭がない所を走った場合です。
あと、車と同じで白か黄色の光色のものしか装備できません。
赤い光のリアライトを前に照らすと違反です。

筆者のおすすめフロントライトはこれ



VOLT300より400のほうが安いっていうね。
とりあえずこれ付けておけばどんな道もナイトライドの不安が軽減される。
おまけに電池は充電式なのでランニングコストもほぼかからない。
そして後述のベルとベルトに互換性がある為、ベルの装着を目立ちにくくさせる上にベルトを余分に巻き付けない為ハンドル周りが鬱陶しくならない。

欠点は、重量と価格
そして充電式なのでいざ電池が切れてもコンビニなどで電池買ってどうにかする事ができない。
(乾電池で行うUSBチャージャー買うなら別だが電池式の100lmライト買えるぐらいの金額)

3時間程度のライドならこれ一本で十分、ただし充電は忘れずに。

もう少し安くしたいなら、照度は下がるものの同じくCAT EYE製のVOLT200


初めてのロードバイクではこれでも高く見えるでしょうが、最低限この照度は必要です。
じゃないと前方が不明瞭で速度出すのが怖くなるよ。

また、100ルーメン以下のライトも自転車屋などで売られていますが、ロードバイクにこれらを取り付ける場合はナイトライトよりはデイライトの役目が強くなります。
昼間であってもフロントライト点灯すると車のサイドミラーで視認しやすくなります(光が見えるので)、左折巻き込みや気づいていない幅寄せを防げます。

自転車は基本的に、事故を避ける為には目立ってナンボです。
原付や自動二輪のようにうるさいエンジン音やマフラー音もないし、車体は細いのでライダーが小さいとか細いほど目立たない
自身が自動車に乗っているのであれば、自転車の見つけにくさもよーくおわかりでしょう、夜は特にね。
その為、プロショップでヘルメット買う時にも派手な色をオススメされる場合もある。
筆者は派手な色をオススメされたが、元より赤色入っているもの以外被るつもりなかったのでちょうど良かった。


リアライトは自由です。
反射板だけでいいならシートポストなど後方向きに反射板付けとけばリアはそれで法律違反は回避。
ただ、車からしてみれば気づきにくい場合もある。

ロードバイクのライトは照らすことももちろんだが、サイドやリアに限って言えば "目立ってナンボ"
とにかく自分という存在を車に認識してもらわないと危ない場合もある。
メットに点滅LED付けてスポークもLEDあって尚且つ反射材ベスト羽織ってるといっためちゃくちゃ光ってるライダーはたまにいますが、確かにあれは全ての歩行者含む道路交通者から目立つ。
しかりやり過ぎもよくないなと思える反面教師。いわゆるチンドン屋的な。

リアに付けるなら以下が良さそう

暗さや振動で自動点灯タイプ


目立つタイプ&レーザーガイド


レーザーガイド、車幅を照らし出し車に優しい気もします。
これと同タイプのを600円ほどで筆者は購入してみましたが、こんな感じ
sphe12.jpg

sphe10.jpg

正直なところ、この製品では余程暗くないとレーザーガイドはかなり見難い。
まぁ、ないよりはいいぐらいでしょうね。
そしてレーザーガイドが出るリアライトはどれもなんか中華くさくて品質に不安が残るという
このレーザータイプはセカンドバイクに付けており、メインには筆者は3点付けてます。

[メインリアライト]

反射材内蔵タイプでかなり目立つ
サドルバッグ付いてるのでクリップ型しか選択がない

[サイド兼リアライト兼携帯空気入れ]
sphe13.jpg

どうせ携帯するなら更に実用性付けてみた感じのもの
こういったフレアライトはカッコよく目立つ
フレアライトだけでも販売されているので、フロントフォークの左右とリアの左右に付けると完璧だがやり過ぎ感と重量アップとなる。

[全点灯]
sphe14.jpg

サドル下の小さなLEDは [にゃんこ]
普段はさながらマスコット
sphe15.jpg

夜は覚醒
sphe16.jpg
こいつ意外と光が強いです

お茶目だろ?
こういうハズシも大事だよね

他、ライオン、パンダ、牛などおりますし、フロントライト版もある。

ロードバイクから離れる時ライトは基本的に取り外して持ち運ぶのを念頭に選ぶといいでしょうね。
ただ、リアは盗まれにくい。
フロントは特に懐中電灯にもなるのでコンビニ立ち寄りとかで盗まれるとか有り得る

------------------------------------------------

「ベル」

ベルについては荒れます。付ける付けないの論議はとにかく荒れます。
荒れる要素がないのに荒れます。

ベルは道交法上付けていないと違反になります。
ですが、"慣習" としては無くてもいいような慣習になっています。

というのも、法律上ベルを付けていないといけないのは「警笛鳴らせ」の標識の場所で鳴らす為です。
"自転車は軽車両" ですからね。

しかし現実はどうでしょう?
まず「警笛鳴らせ」の標識そのものをあまり見ませんし、鳴らしたとこで自動車などに聞こえるか?となると、窓閉めてたら聞こえないでしょう。
なによりも
自転車乗ってる人の多くは "標識知識もない無免許ばかり" です。

アナタが歩行者であった時 "後ろからきた自転車にベル鳴らされて道を空けた" 経験はありませんか?
そう、ベルの現実は「通ります、道を空けてください」で使われています。

しかし

"歩行者に対して警笛を鳴らしてはいけない"
のです。

マナーやモラルでもありますが、法律上 "歩道は歩行者優先道路です"
道塞いで歩いていようと歩行者が優先です。

そこに軽車両が乗り込んできて

「どけ、道あけろ」と言わんばかりのベルを鳴らす

おかしな話ですが、現実はこのおかしな話が、歩行者が道を空けるという結果を出す "慣習" になっている。

ちなみに筆者は歩行者に対して鳴らしませんが、後ろをピッタリ低速で付いていくので自然と気づかれます
大体道空けてくれますので、お礼言って追い越します。
これは、段差が高すぎるなどで車道に退避できない場合の時のみ。

というわけで

"ベルは、(歩行者や遅くて邪魔な自転車)に鳴らしてはいけないのに、警笛鳴らせという稀な状況の為に付けていないといけない"

砕いて言えば "日常的に使わない(使っちゃいけない)ものを付けろと言われている"

ママチャリなどではベルが付いている事を特に邪魔に思ったことはないかと思います。

ですが、ロードバイクはママチャリと比べると "趣味の乗り物" であり、そのライダーは大体 "俺カッコイイ" 意識で乗ってます。
筆者もこの面はある為、ここは否定する気はありません。

でも

その "俺が乗るカッコイイロードバイクに、ベルはダサイ、カッコ悪い"
ってのがけっこういまして、これが荒れる原因です。

バカかwwwwwwww

となりますが、まぁ日常においてはベルを「鳴らすな」としているのだから
"鳴らしちゃいけないんだろ?ならダサイしイラね"
となるわけですね。
鳴らしてはいけないことは守るくせに装着の義務は守らない、意味がわかりません。

ベルは、目立ちません。
目立たないベルも売ってます。

筆者は装着義務を守るタイプなのですが、デカイのはやはりイヤなので目立たないベルを目立たない場所にしれっと装着してます。
この為にCAT EYEのライトをオススメしてます。

アオリ視点で撮影
sphe09.jpg


鳴らす気を感じない場所ですが、鳴らせれないんだから鳴らす気ない場所でもいいッショ
小さいけど、真鍮製なので苛立ちを覚えない心地イイ音が鳴ります。
車に聞こえるほどの警笛の役目は果たしてませんが、並進(違反)してる自転車に聞かせるぐらいの音はなります。
サイクルコンピューター(CAT EYE製品のライトなどでも可)のバンドと互換性があるのでサイコンバンドに一緒にベルも付けて装着。
一応カラーアクセントには使えてます、赤を作ってほしいとこですねCAT EYEさん。




ダサイ、カッコイイ、カッコ悪いもわからんでもないけどさ
いざ事故った時にベル付けてなかったら、重い軽い関係なし"違反車両" なわけ
その時点で一気に不利となる。
車の事故でもこういうのはありますが、相手の不備を指摘して賠償比率を自分側に有利に傾かせるやり方
これは悪い事ではないです。
だって "相手は違反していてこっちはしていない" のだから

つまりそういうこと。

当然接触なりの事故を起こさない事が最優先ですけど、保険もしかりベル装着もしかり "なにかの為に" 装備しておきましょう。
なので、お金という面での身を守る為に付けておけ、です。

レースでは要らないだろうけどね。

posted by ヴァレぴよ at 10:00| 愛知 ☁| Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。