2017年02月04日

1週間後、ビアンキ乗りになります

通勤用でクロスバイク買うぜー!っとなっておりましたが、今日売約してきた

D204CFE9-6363-47F1-A9E6-18CB716AA5EB.jpg

2017年最新モデルのカメレオンテ1
定価です

サイズは51が適正なんだけど在庫なくて、47跨ってみたところ姿勢は緩やかになるのでスーツにならこっちのほうがいいので47で購入
カラーもチェレステはやっぱり人気みたいでエントリーモデルは売り切れてましたね

元々マットダークグレイの予定だったのでここも不満はなし

総合して、妥協点のないクロスバイク購入となった!

これがカメレオンテ1 マットダークグレイ
2016モデルと違ってビアンキロゴが目立たないのが特徴
8C58B436-9D75-460C-9A09-8477A4F240CC.jpg

これで遂に俺もビアンキ乗りに

ロードバイクのほうはBHなので、弱ペダで言うところの泉田と荒北って状態ですね

納車が楽しみだー!!
posted by つねぴよ at 00:01| 愛知 ☀| Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

クロスバイクの購入を本気で考え始めてみた

これまで私服OKだったところからスーツ着用義務の部署に変わった
これまでは私服ということもありロードバイクでの通勤が非常にしやすかったわけです

今は電車ですが満員電車が嫌いなこともあってやはり自転車通勤をと考え始めた
まず、スーツでロードバイクはキツイ
詳しくは割愛、乗車姿勢から想像出来ると思います

また、汗かいてきてもジャケットを脱ぎにくいのも弱点

よって、メインバイクであるロードレーサーを使う事が出来なくはないけどストレスがある

そうなると槍玉にあがるのがクロスバイク

9130E1D6-33DE-4226-BF30-DBA5387C7DA6.jpg

カゴ・泥除け付き一般自転車と比べた場合のクロスバイクは別次元の乗り心地と自転車の楽しさを提供してくれる為充分にスポーツサイクルしてます
(一般とロードバイクで比較するとロードバイクは異次元です)

つまり、クロスバイクのこの中途半端さが "扱いやすい"わけですね
これは以前にも語った気がします

今使ってるロードを通勤用にしてフルカーボンのロードをまた買おうかとも考えたけど、用途をもっとミニマムに考えてクロスバイクにしようって事に落ち着きました

実は、シクロクロスという選択もあった

39BCDB92-FFCD-4E0F-AAD2-5A3875837C09.jpg

シクロクロスは非常に説明しづらいスポーツサイクル
簡単に言うとツーリングを至上命題としたサイクルです

詳細割愛しますが、買物を前提としない街乗り最強はシクロクロスなんですが、価格も含めて気軽さが無いのが弱点

クロスバイクは実売5万円〜
シクロクロスは実売10万円〜
ロードバイクは実売8万円〜
これではシクロクロスが気軽とは言えません、ちょっとコンビニ行くって使い方も価格からしてやりにくい

ってことで、クロスバイクに落ち着いたわけです

クロスバイクに落ち着いたところで、次は通勤用スポーツサイクルとしての機能に目を向ける
あくまで通勤用なので高速走行性能は必要ありません、快適性が重要

まず走行性能
クロスバイクは変速の段数で大雑把に走行性能がわかる
フロント2枚ギアは高速走行性寄り(ロードバイク寄り)
フロント3枚ギアは快適性寄り(マウンテンバイク寄り)
フロント1枚ギアはオシャレバイクかママチャリ寄り

今回選ぶのはフロント3枚
リアは7枚あれば21速となり充分、どちらにしても通勤でアウタートップ(一番重いギア)やインナーロー(一番軽いギア)はまず使わない
21速ですら持て余すが、ギア段数が多い事による利点は、自分の脚質に合ったギアがどこかにあるので漕ぎやすさにつながる
特にロー側の選択肢が多いと、自転車乗り最大の敵の上り坂と向かい風に対抗しやすい

情報管理観点から書類持ち出し出来ない事もあり、荷物は弁当箱と財布やら入れば充分なのでビジネスリュックで対応しキャリアはひとまず不要

雨天は電車の予定なので泥除けも不要

ハンドルは出来ればドロップがいいけど価格上がってくるのでフラットハンドルで妥協、バーエンドバーはダサいが、擬似ブラケットポジションとれて便利そうなのが悩みどころ
60ACEF71-B972-48F2-BB0B-AA2ABEAA4F97.jpg

でもやっぱダサいな…
GIANTやFELTには似合うかもしれないけど、GIOSやBianchiには似合わないだろうね

肝心の車体ですが、クロスバイク買おうって考えるとまーず頭に浮かんでくるのが

キャノンデールのBAD BOY

54EBE4D9-5611-4B2C-B402-C01834619686.jpg
AFA7F067-EA87-4FF0-9F2D-A4541EFFF73D.jpg

leftyと呼ばれる独自のフロントフォーク
見ての通りハンドルと前輪を繋ぐフォークが左側しかない
この一際目立つデザインと、全身マットブラックの無骨なデザイン、主流に反した650Bという小さめのホイールサイズ、今にも折れそうかホイールが外れそうな不安感からくるスリル
なんかもう魅力が詰まりすぎてます
ちなみに見た目からわかるとおりアメリカのメーカーです
言われてみるとアメリカンに見えますよね?

スーツ着ると線が細くなるのでBAD BOYは却下
値段的にもw

続いて、一般的にクロスバイクのオススメとして挙げられるGIANT ESCAPE R3

DF98B857-E869-4B92-A536-04401656726F.jpg

街を歩けばR3に当たると言えるぐらいどこにでも停まってるし誰でも使ってる
乗ってて恥ずかしくないギリギリレベルのモデル

2017モデルは円相場の影響から少し安くなって税抜5万円と買いやすく、ロードバイク寄りの走行性能でデザインがシンプル
クロスバイクの標準とも言える大人気モデルです

もちろん俺は、「R3買うならロード買えよwww」と草生えちゃうので選択肢にすら入れませんので、つまりGIANT以下は選択肢にありません。

で、安い&定番繋がりからの定番メーカーGIOS

1DB165C6-3C24-477B-A863-534E220178CA.jpg

円相場の影響で実売5万円代で買える、同価格帯のクロスバイクの中ではダントツのオシャレ感
ロード買えよとツッコミできないマウンテン寄りの調整
シンプルながらもお洒落なデザインでしなやかな素材で振動吸収性の高いクロモリフレームと、ほかメーカーと比較するととことん街乗りベクトルでルックスも意識してる
さすがはイタリアのメーカー
なによりもクラシカルな雰囲気をもつホリゾンタルと、街中で一際目を惹くGIOSブルーがスーツに合います!
コストを安く抑えるなら確実にGIOSを選択だったのですが…

俺には一つ心残りがあります

それは、Bianchiの自転車に乗ってみたいという事

D1ECD090-D8E1-497D-8429-390153EEEC62.jpg

水色に緑が少量混ざったようなカラーであるBianchiの象徴と言えるチェレステカラーも魅力的ですが、個人的にはあのエンブレムが欲しいんです

8654FD15-34E4-4B1D-8A9F-7D0E49A426EE.jpg


思い返せばロードバイクを買う時、最後までBianchiかBHかで迷ってました

となれば?
クロスバイクをBianchiにしてしまえばいいわけさぁっ!?

幸いBianchiもオシャレサイクルでスーツに合います
そしてビアンキはアパレルもやってるので、バッグもビアンキにする事で統一感が出る
残念ながらスーツやビジシューは作ってない

懸念があるとすればそれなりに乗ってる人が多く、ESCAPE R3よりもルックスがいいので盗まれやすい事
あと、GIANTやGIOSよりスペックは同等か劣るくせに2万円ほどお高い
ただもう、ロードバイク買った身としては5万も7万も変わらんっ!

ってことで、Bianchiは下調べが元々ついてます

☆ロード寄りのROMA(ローマ)

D87C0BDE-431B-48B3-B038-C967612F28CA.jpg

☆マウンテン寄りのCAMALEONTE(カメレオンテ)

B3B3A0E7-0855-4EAA-8624-1E1E00BF7D11.jpg


使われてるコンポーネントがロードバイクと同じのがローマで、MTBと同じのがカメレオンテ
ただどちらも最低グレード車はシマノのターニーなので見た目以外ほぼ変わりません

見た目はどちらも確かに違います
ローマはトップチューブがかなり下がっておりダウンチューブが細く「シュッ」としたスタイル
カメレオンテはトップチューブがややホリゾンタル寄りになっておりダウンチューブが太い「ドシッ」とするスタイル

ROMAは後に付く数字が大きいほうがグレードが低いのでROMA1が最上位(10万円)
CAMALEONTEは後に付く数字が小さいほうがグレードが低いのでCAMALEONTE4が最上位(10万円)
と、共に4グレード用意されていてグレードが上がる毎に価格が1万円ずつ上がる感じ
数字統一してほしいところです

ビアンキのロードバイクのフレームがこうなので

AB343E1E-4D48-40CE-9EB8-62CAAEEE0F31.png

いくらローマがロード寄りといっても、ロードバイクのフレーム見た後だとむしろローマには安っぽさを感じます
449CA754-705B-4377-AB1C-C8924B690C28.jpg

まぁ7万円も価格差あるので安っぽいのは当たり前ですがw

通勤距離6kmなのでアルタスかクラリスで、Tiagraのロードバイク持ってるのでロード寄りのROMAは不要
ってことで、買うなら第3位グレードのCAMALEONTE2でしょう
8万円です、ピャー!高い!w
ってなりながら冷静になってみるとですね?
いや8万てさ?MERIDAやGIANTのロードバイク買えるぜこれw

MERIDA RIDE80 定価83,800円

3668FFBF-3D38-49B2-B0E5-BDA03F73AC06.jpg

サイクルベースあさひに売ってますがMERIDAは立派なレースブランド、あさひにはBianchiやFELTも並んでますね

これならロード買ったほうが…となりかけましたが初心忘れてました
俺はっ!通勤快適のっ!クロスバイクが欲しくてっ!Bianchiがいいのっ!
模擬戦でスペシャルで2000回みたいなものです
ただやはりMERIDAとGIANTの価格破壊っぷりに改めてアメイジングした次第でございます

4月までに決めないと、春は自転車が売れる時期になるのでビアンキはとにかく手に入らなくなります
クロスバイク買う気なら今決めるべきなのです!

買う車体はほぼ決まりました
カメレオンテ1か2
ターニーの走行感を試乗してより絞りこんでいって後はカラーですね
Bianchiの中だとチェレステとブラック以外はイマイチなんだよね


posted by つねぴよ at 23:20| 愛知 ☀| Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

サイクルスポーツセンターで走ってきた!!

結果的に聖地巡礼の格好ともなった弱虫ペダルでの舞台の一つ、サイクルスポーツセンターにお盆に行ってきたのです
はるばる愛知県名古屋市の中心あたりから静岡県伊豆市までですよ
静岡県といっても浜名湖あたりは高速で一時間ちょいと近いのですが、伊豆となると軽く3時間w

えぇっ!?記事投稿が9月だって!?
えぇ、えぇ、サボっとるよワイ、ワイかなりサボっとるよえぇえぇぇ

20141211222002375.png

まぁそんなわけで、よわぺだだけの知識だと自転車専用サーキットって頭しかないわけですが、事前にちょいと調べると完全にテーマパーク・・・

csc1.jpg

こんなとこでロードバイクでスポーティーに走れるんかぇと思いましたが、もう駐車場からして雰囲気が違っていた
お盆ってこともあるがとにかく家族連れと子供ばかりで・・・スポーティーなロードバイクにヘルメットにぴったりウェアにアイウェアの青年二人のうちらが浮いている!
おかしい
ここはサイクルスポーツセンターだよな!?
二人して「駐車場間違えた?」の繰り返しw


だって誰一人として自転車をクルマから降ろして引いてませんし、なによりもジジババまでいる始末

まぁ・・・間違いないっぽかったので駐車場からやけに遠い受付へ行くと、完全に動物園のような様相
周囲の客も完全に動物園の雰囲気
原因はマスコットキャラクターが鳥のようなヤツのせいだからだろう

受付に行くと、どうやら合ってるらしく入場券と自転車持込許可券を購入、いやはやレンタルに金かかるのはわかるが持込も金とるのか!!ww
と思いながら1000円ばかりでサーキットを制限時間なく走れるのだから安いもんだ
むしろここまでの高速道路とガソリン代のほうが高い

ふと案内見るとな?

csc2.jpg

・・・・・・
5キロサーキットのモデルがキッズwwwwwwwwww

いやはやもうね、場違い感凄まじいのですが、チケット買いに自転車もってきてなかったんで一度クルマまで引き返したわけですが、その途中にローディー二人とすれ違いまして、ようやく仲間を見つけた感覚になり嬉しくなった
この二人は慣れてるのか、シャーっとロードバイクで受付まで走っていってました

んで入場したんですが、遊園地内をロードバイクで通り抜けていくという違和感、そして5kmサーキットまでの道がわかりづらいし歩行者どもは我が物顔で歩いているし、これ完全に動線管理ミスってるだろ?w
せめてサーキットまでの裏道ぐらい用意しろと・・・

んーで!!
到着しました!!サーキット!!!

csc3.jpg

いやーー!!!最高!!!ここアレですよ、休憩所ですよ!!!

どこかの高校の部活の連中と、父母連れてトレーニングに来てる中学生っぽいのと、あとは一人だったりグループだったりの青年や中年がチラホラと

空は曇ってましたがとりあえずパシャり

csc4.jpg

準備運動を終え早速走り出したのですが、スタートからいきなりの下り坂で軽く50km出る
速度出しすぎ防止の為かパイロンとロープで強制的に蛇行させるようにコースがなっていたので、自然とブレーキングして程よい速度でのコーナー突入

からの〜!!

登り!!

いやね、斜度10%とかってよくわかってなかったんですがね・・・
これめっちゃキツイです
坂めっちゃキツイです
これ笑いながら登るとか変態ですよああああああああ!!ぐるぐるぐるぐるぐる

一応行く前にコースステータス見たのですが、横から見るとこんなんなわけですね?

csccorsemap.jpg

第一区間の最初の下りがスタートあたり、そこからこの斜度の登り、甘く見てた俺らは完全に予想外でゼェハァ状態

で、第三区間の頂上から一気に下り、ここがかなり速度出る!!

しかしその後には最高斜度の上り坂が待っていた

コースマップ断面図の30と40の間あたりにものすごい角度の坂がありますが・・・そう、ここです

さすがに足をつきました

始めてから趣味レベルでしか走ってないうちらにはキツイキツイw
ある程度まではいけたけど限界きてそこから降りて押し歩き
これ完全に予想外で心がポッキリ折れた感じで押し歩いてました

甘くねぇ・・・ここ甘くねぇ・・・あの鳥甘くねぇとか呟きながら

でさ、うちらロードバイクだからいいものの、これレンタサイクルの人はマウンテンやクロスなわけですよ?(ロードもあるけど)
そんなレンタサイクルのお父さんや小学生ぐらいの子達もいてやはり登れておらず押し歩き
これはとてもレクリエーションと呼べる斜度ではないと思いつつも、一つの失敗がうちらにはあった

ビンディングペダルはこの時まだ実装していないが、機材の面というよりもエンジン、つまり自分自身の体調

走る一時間前ぐらいに普通に昼飯食ってきたわけですね?
コレ
完全にコレ

消化しきってなく満腹に近い腹もちで慣れない激坂を登るのは無理ww
ツレに至っては前日たくさん酒飲んだ翌日である

もうなんかグッダグダなうちらですが、マナミくんと誓いあった舞台で休憩してから残りの走破を始める

csc5.jpg

途中で景色が良かったので写真を撮ってみたりとサーキットでサイクリング状態w

csc6.jpg

そして最後の下り坂からホームストレートへ一気に繋がっていたのでここがすっごく気持ちよかった!
そう!俺は信号もクルマもいない舗装路を走り抜けたかったのだよ!!
その思いが実現したのがこのホームストレートへの下り坂とホームストレートだった!!

しかしやはりパイロンで強制的に減速させるコース作りされててほんのり萎えてみたが、レンタサイクルもいるし、安全の為だから仕方ないね

一周終えてひとまず休憩
というかまたあの坂を上る気力がすぐにはなかった二人w

気分は杉元

csc7.jpg

部活の子らを眺めたりしながら体力回復し、二周目へ

遠めに見るとこんな坂で、ほんと山を走ってるんだと実感できる

csc8.jpg

ちなみに17時までの営業で最終出走16:30と言われていたので残り時間的にあと3周できるか出来ないかぐらいだった

二周目はコースがわかったこともありペース配分をしっかりして問題の3.5km地点までは程々に力を残し・・・今度こそ!!と登り始める
かなり頑張った、もう人に見られたくないぐらいの形相で、普段の生活では滅多に出さない「必死さ溢れる表情」でほんと必死に登ってみたんだ

02.jpg

脳裏には弱虫ペダルのキャラというよりはセリフばかりがよぎり、どちらかと言うと真波の「オレ!生きてる!!」に近いものを柱に頑張ってみたんだ

あと、普段ではこんな表情歪めてまで必死になにかする事がない無気力無表情人間なので、ある種の非現実感も感じてた

つまりはね、楽しかったんだよ、なにかに必死になってるのが
それがただ自転車で山に囲まれたサーキットで激坂登ってるという光景であっても、時速9km〜12km程度しか出てないいっぱいいっぱいな状態で必死に必死に
途中本格的に鍛えてそうな人に抜かれて、一言「がんばれ!」って言われた気がする、あんまり覚えてない
二人で走ってたけど牽くとかそういうのもなくお互い必死というか、後からわかったけどツレは後方で沈んでたらしいw

んでもうなんかよくわからんが必死になって、「うあぁぁぁぁぁ」とか小さく叫びながら休憩地点の秀峰亭にたどり着いて、まだコースは続いてるけどなんかやりきった感に包まれここで足を降ろし、過呼吸しながら自転車止めてそのまま地面で大の字!w

部活高校生二人いたけど気にしない!おまえらほど自転車やってないし若くもないんだよこっちは!!
とか勝手に脳内で毒つきながら空見上げてた

やぁ・・・

ロードバイクは楽しいね!!

こんな事したの10年以上ぶりで、ほんと楽しかった
いかに社会生活してる俺がスカシなのかよくわかるというかね

たぶん10分ぐらい動けなかったかな、ツレが押して登ってきて合流し
「なんか俺ヤバイ汗出てる」とツレ
「そりゃ前日飲みすぎなんだよww」とオレ
うん、楽しかったホント

結局ツレの体調に不安が出てきて帰りのクルマの運転もあった為、最後のホームストレートでスプリントバトルして終了
結局二周しかしませんでしたが充実感はかなりあった!

ロードバイクでスピードを出すと言っても普段は35km程度、しかしサーキットでは下りで簡単に50km超えるので心にブレーキかかりまくりでして、この日の最高速度は以下のとおりでした

csc10.jpg

当然ながら過去最高スピード
心のブレーキをもう少しコントロールできれば65kmとかいけそうだけどやっぱし怖いねw

そしてサイクルスポーツセンター内の帰りにこんなものを発見

csc9.jpg

見事に全員クライマーなあたりわかりやすいというか・・・w

基本的にフォームも体も出来てないしインドア趣味のほうが圧倒的に長く体力もない、車体はフロントカーボン程度でホイールも変えてなくビンディングペダルでもない、と坂道登るのが楽になる条件尽く満たしてないがほんとこのサーキットは辛かった
もう少し斜度が緩やかか、スプリントサーキットみたいなとこを走ってみたいとちょっと思っちゃいましたね

csc7.jpg

教訓としては

・走る前に飯を食うな
・走る前日に酒を飲むな(俺じゃないが)
・坂を甘く見るな
・他人は他人

これで纏まった感じ

そしてこの日を機にして

元々8月か9月に購入予定だったビンディングペダルがより欲しくなって即注文!w

記事作成段階の現在はフラペじゃなくてビンディングになったーよ!!

csc9.jpg
csc10.jpg


これでもう一度サイクルスポーツセンターを走りたいけど、なによりも基礎体力だなって思うよホント
ただ地元トレーニングしてるとやっぱりビンディングだと登りやすいというか、足が外れない安心感から踏めるしダンシングもしやすいといったほうが正しいかも


posted by つねぴよ at 10:00| 愛知 ☁| Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

ロードバイク趣味はカッコ悪い?カッコいい?

れっきとした屋外スポーツであるサイクリングやサイクルレースですが、ロードバイクで行っているソレらは果たしてカッコいいものなのか、悪いものか?

ここでは女子ウケという面で主に記すこととします

まず、ロードバイクは男子ウケは良いスポーツです
男というものは、レースとか競技とか自分を高めるとか、あとは単に車体とか、専用ユニフォームに身を包んだ自分とか、そういったものに魅力を感じるものです

その為殆どの男性ロードレーサーは "俺(の車体)カッコイイ" と思っていると断言できます
ちなみにこれは自動二輪ライダーにも同じようなことが言えます
スポーツカーやオープンカー乗ってるヤツもですね

しかし女子ウケと考えると、男達が俺カコイイと思っているほどカコイイと思われていません
カッコイイだろと自慢されると「そうだね〜」としか返ってこない女性は100%カッコ悪いまたは無関心と思ってます


続きますヨ
posted by つねぴよ at 09:00| 愛知 ☀| Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする