2016年04月20日

ロードバイク初心者の徒然 -4- 【予算】

前回から、予算の面だけ抜粋した内容です。

ロードバイクを始めるにあたり自分で実店舗でスタッフに話聞いたり、ネットで調べたりして得てきた知識を対外向けにまとめていってます。

記事作成している現在は、記念すべき一台目の納車待ちの日々です。

※4/25、一部内容を所有車のものに変更、記事修正


★予算★

10万円から15万円をイメージしてこれまで記してきました。
最大15万円だと、TIAGRAコンポでアルミ+フロントカーボンのモデルを殆どのメーカーで買える予算です。

ただ、ロードバイクは車体買っただけでは完全ではありません。

車体価格とは別に
●ロック(カギ) ⇒ 車体価格の1/10が基準。絶対にバイクから離れないと断言できるなら不要か、ライド中の簡易防犯で3,000円ぐらいのチェーンロックでいい場合もある。ここは十人十色。
●ペダル ⇒ 1,000円〜数万円まで、4,000円前後が最初は妥当。始めから付いてる車体もあるが少数派
●空気圧計または空気圧計付き空気入れ ⇒ 3,000円ぐらいから。スポーツバイクは特殊タイヤなのでママチャリ用ではダメだし比較的パンクしやすいので
空気圧が大事。
●ライト ⇒ 2,000円から。日が落ちてから走る事があるなら法律上必須であり、事故防止の為目立つ為に前後(左右)にあると自分も周囲も安心。
●ヘルメット ⇒ 5,000円から。いのちだいじに。ママチャリ感覚の自転車と思ってはダメ、原付や自動二輪だと思うこと。
最低限これだけは見ておく必要がある。
空気入れは近場にスポーツサイクルショップがあるならケチれるが、自分で持ってたほうが便利

最低限でロックケチれば総計1万5千ぐらいだが、殆どの人が上記ラインナップでプラス3万円ぐらい車体以外に初期投資してる事が多い。
その為プラス3万円ぐらいの余裕も混ぜて、残りは必要性が出たら買い足していけばいい。
ただ、始めから明確にやる事が決まっている場合(レースする、ツーリングする、長距離ライドする)は始めから全て含めて予算立てるといい。
ちなみに筆者にとっての必須アイテムに "サイクルグローブ" があります。
また違う記事にて掘り下げます。


車体を10万〜15万としているので、パーツやアクセやウェアも含めての予算は13万〜20万ぐらいは見ることになる。

あくまでここから触れるのは車体のみの予算

続きますヨ
posted by ヴァレぴよ at 21:02| 愛知 ☀| Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロードバイク初心者の徒然 -3- 【ロードバイクの選び方 2】

ロードバイクを始めるにあたり自分で実店舗でスタッフに話聞いたり、ネットで調べたりして得てきた知識を対外向けにまとめていってます。

記事作成している現在は、記念すべき一台目の納車待ちの日々です。
※2016/4/22以降、主に画像を所有車のものに変更

前の記事の続きになります。

「目的」 「見た目」 「価格」 「メーカー」
この4つで大体の方針は決まるでしょう。

ここからは、肝心の予算と、知っているとより選択の幅が広がる(より悩む)事柄になってきます。
限られた予算内で決めたいという人のほうが多いでしょうが、その予算内での様々な要素を前回も記しました。
予算は初心者の場合10万円〜15万円で考える人が多いので、そこを視野に入れて記事作成している。
予算についてはここまで記してきた内容から最終的に導き出すものと考えてますので、別の記事に記してる。


続きますヨ
posted by ヴァレぴよ at 10:00| 愛知 | Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

ロードバイク初心者の徒然 -2- 【ロードバイクの選び方】

ロードバイクを始めるにあたり自分で実店舗でスタッフに話聞いたり、ネットで調べたりして得てきた知識を日記にしていってます。

記事作成している現在は、記念すべき一台目の納車待ちの日々です。

※4/21以降、一部画像を所有車のものに変更、追加、記事修正

スポーツバイクには種類がありますが、クロスバイクとロードバイクの違いに触れてからロードバイクの話題に移ります。
ここでロードよりもクロスがいいと本気で思った人はクロスバイク専門で調べるといいですね。

★クロスバイク★
ロードバイクとマウンテンバイクのいいとこどりをした種類、中間/中庸/器用貧乏などなど言い方は色々あるけど、ことスポーツサイクルにおいてはこの中間さが使いやすい、だから流行った
片道20kmぐらいまでの走行に向く、それ以上はハンドル形状からも腕の負担が大きく疲労度がロードバイクと比べ段違いで増す為ツーリングなど長距離には向かない
・(ロードバイクやMTBと混合するような)レースには向かない、競技では当たり前だが専門種のほうが有利
近所・買物・通勤通学・散策・フィットネスが得意
・フラットハンドルの形状からして低速走行の安定性が高く、姿勢に無理がないので誰でも始めやすい
・ロードバイクのエントリーモデルぐらいの価格でクロスの上位モデルが買えるぐらい比較的安価
・ロードバイクに興味がある状態でクロスに乗るとロードバイクが欲しくなり結局ロードを買う人が多い
中途半端ゆえにね。

クロスの利点は確かにあるが、ロードバイクに興味をもってしまったならロードバイクを買うべき
2万程度のママチャリならならまだしも、5万以上の自転車買ってから後悔はしたくないでしょ?
そのうえでお金や置場が許すならクロスバイクのエントリーモデルを街乗り用や雨天用でセカンドバイクとして買えばいい。

ただし
スポーツサイクルに興味はあるしロードバイクにも興味あるけど、そこまでガチな感じじゃなくて気楽に乗りたい
この場合はクロスバイクかMTBが適しているので、間違いなくどちらかを買ったほうがいいでしょう。
悩んでしまって出口見えなくなってきたら、最初の気持ちが大事です。

ただ、ロードとクロスも言ってしまえばハンドル違うだけみたいな車種もありますからね。
今はロードバイク人口の間口を広げようとしてるのか、ガチじゃないロードバイクもけっこうあります。
これから始める人はみんなこう言います ピチピチしたウェアヘルメットして・・・」
それはほんとのガチ勢、筆者のライドスタイルイメージは↓コレ↓です。

pickup_2016SS_freeasy_mens.jpg

サイクルウェアの定番メーカー「パールイズミ」の提唱する街乗りサイクルウェアシリーズ
筆者はトップを持ってます、下も同じFREEZYシリーズですが裾絞れてジッパーで下部を取り外して7分丈にできる長パン、その下に長袖アンダーウェアと股間とお尻への衝撃を和らげるパッド付いたインナーパンツを履いてます。
靴はスニーカーなどで、クロックスは危ないので履かない。
ちなみに普段着スタイルのウェアを出してるのはパールイズミだけではないですしもっと洒落てるメーカーもありますが、ウェアについてはまた別で記すので詳しくはそっちで。

★ロードバイク★
・より速くより軽く、そしてレーサーの疲労を少しでも軽減する事に特化し効率化したバイシクルで自転車の頂点
・ツールドフランスなど有名なロードレースで走ってるメーカーの自転車、または同じ車種に乗れる
・クロスよりも長距離が得意、疲労を軽減しつつ速く遠くへ行く為のバイシクルと言える
・ロードバイク特有のドロップハンドルはハンドルポジションを「巡航」「ブラケット(基本)」「ドロップハンドル」の3つをとれる=腕が疲れない
・前傾姿勢となり、ドロップハンドルフォームになればより前傾となる為風圧の影響をクロスバイクと比べてかなり少なくできる=必死に漕がなくても時速30km以上を出せる
・近所・買物・散策にはあまり向かない。

通勤は会社環境を選ぶ
インナーマッスル強化も含めたフィットネスには最適。脂肪落としたいだけならクロスバイクで十分。
・価格が高い
換金目的で盗まれやすい、パーツだけでも金になるのでパーツだけ盗まれやすい
・ロードバイクは用途上舗装された車道走行が基本となるので慣れないうちは怖い


続きますヨ
posted by ヴァレぴよ at 10:00| 愛知 | Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

ロードバイク初心者の徒然【購入動機編】

ロードバイクを始めるにあたり自分で実店舗でスタッフに話聞いたり、ネットで調べたりして得てきた知識を日記にしていってます。

記事作成している現在は、記念すべき一台目の納車待ちの日々です。

※2016/4/22以降 2台とも納車になった為所有者画像へ一部追加・変更
続きを読む
posted by ヴァレぴよ at 10:00| 愛知 | Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする